鹿と神楽がごあいさつ

 2006年9月24日の花巻市東和町安俵愛宕神社例大祭(石鳩岡神楽が奉納するのではないほうの)。春日流落合鹿踊と土沢神楽が奉納します。そのなかで、鹿踊と神楽が向かいあい、鹿踊が「ほめうた」を、神楽が「みかぐら」をあげてお互いにほめるという場面があります。
f0147037_22301129.jpg

 なんだか、えらく貴重な場面を拝見してしまったなあと思ったのですが、今年の愛宕神社のおまつりでは鹿踊がきっちりと「神楽をほめる唄」という専用の唄でやったのだそうです。そのためやや長めだったとのこと。それはなお一層見てみたかった・・・。
 本日は「とりら」編集会議で、そういう話題になりました。さて、次号はいかに・・・。

 by げんぞう 
[PR]

by torira | 2007-10-09 23:22 | おまつり | Comments(0)

<< 七夕がまちどおしい 高舘剣舞のタスキの結び方 >>