「もっと近寄れる民俗芸能講座 」やります

◆もっと近寄れる民俗芸能講座 (おでって市民企画参加)

ー岩手の民俗芸能にたずさわる方を講師に迎え、もっとググっと近寄ってみる講座です。ー
2007年11月17日(土) 13:30〜16:00(13:00開場) 入場無料
盛岡市中の橋 プラザおでって3階 大会議室

○パート1「カタチから入る神楽の世界」
   講師:吉田隆一さん
  (早池峰大償流土沢神楽保存会会員、民俗芸能学会会員、
  ふるさと岩手の芸能とくらし研究会会長)
花巻市東和町で早池峰流神楽を舞うかたわら冊子「とりら」を発行。今回は太鼓や笛の奏法、面や衣装の付け方などを実際に手にとって解説するとともに、参加者にも触れて頂きます。

○パート2「七頭舞の里に生きて」
   講師:山本恒喜さん
  (中野七頭舞保存会顧問)
人気の高い中野七頭舞(岩泉町)を長年多くの子どもや各地の人々に指導して来た中で考え、実践してきたことを語ります。

※舞や踊りの実演はありません。

主催・ふるさと岩手の芸能とくらし研究会 / 共催・(財)盛岡観光コンベンション協会 
[PR]

by torira | 2007-09-22 09:58 | 催しもの | Comments(0)

<< 「とりら」 この頃 ワイドに。 >>