思いもよらない質問

 一年以上前の話になるのですが、
※※※※※※※※※※※※※※※※※
2006年8月20日(日) 神楽を楽しむ!!講座 盛岡市松園 岩手県立博物館教室にて 13:30~15:00
(1)「権現様が柱をかじる~新築祝のあれこれ~」
     飯坂 真紀 氏〔盛岡市/大ヶ生山伏神楽、当館研究協力員〕
(2)「能と神楽~山伏神楽はどうして貴重か~」
     吉田 隆一 氏〔花巻市東和町/土沢神楽〕
※※※※※※※※※※※※※※※※※
という企画がありました。
 そこでご来場の皆様から出された質問が、講演内容とかかわるものもあれば全然関係ないものもあり、さらに講師の回答や司会者のまとめも一筋縄ではいかない展開で、私は遠巻きに面白がって見ていました。
「神楽で『山の神』という演目があるけど、『山の神といえば十二』といったような話をきくのですが、なんで十二なんですか」
「鳥兜の頭についている鳥は何なんですか」
「沿岸の某神楽では権現様に神おろしと神あげをするんですが、そういうのをほかの神楽でもやってるんでしょうか」
「沿岸の某神楽では、舞い込みの際にオフクデンというのを持って…(中略…)なんですが、ほかの神楽でもやってるんでしょうか」


 むしろ、「なんでそんな質問思いついたんですか」と逆に聞きたい(いい意味で)ぐらいなもんですけど、芸能当事者は「なんとなくそういうもんだ」と思っていることでも、ハタから見ると変わって見えること、芸能とは直接に関係はないんだけどそこから連想されること・・・などなど、あるんだと思います。
 こういった疑問は「これを伝えよう」と思っている側からはなかなか話題にのぼらないものなのでしょう。そこで出された質問の内容はただちに答えが出るようなものではなく、引き続き考えていかなきゃなあ、と思いました。
 そんなわけで、皆様も何か質問がありましたら、どんどんコメントよせて下さい。あんまり答えられなそうですが。
 
f0147037_22401021.jpg 関係ないけど、盛岡市新田町の浅草神社のおまつりで今年見かけた灯篭。なんか印象に残るんだな。うーん、ほんとにお題と関係ないな。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-09-06 22:43 | お役立ち情報 | Comments(1)

Commented by のりさく at 2007-09-06 23:28 x
私ならもっともっと初歩的な質問をしてしまいそうです…。
今度芸能を観に行ったらメモしてきますので、ぜひ質問をさせて下さい(笑)

<< 赤ちゃんを抱いている女の人 三ツ石さんさ >>