悲しい哉

※天王(牛頭天王)様にちなんでというわけではありません。

 単純に胡瓜が好きです。牛頭天王の存在を認知する以前から、胡瓜が好物です。
 瑞々しく、食べごたえ十分のジウリ(標準和名は知りません)はもっと好物です。
 で、夏場の夕飯となるウリの味付けに欠かせない我が家のバッケ味噌〔川井村で購入〕が昨日をもってなくなりました。

 近場で岩手県産のバッケ味噌を販売していないだろうか。それが当面の課題です。…胡瓜に集中しているためか、本日は天王様の質問ばかり寄せられました。

夏バテです。

f0147037_18145816.jpg ちなみに、こちらのお写真は水沢の鎮守府八幡宮にて執行される加勢蘇民祭で配札されるありがたい疫病除けの御札です。岩手県教育委員会編集発行の『岩手の蘇民祭』という報告書(p.62)によれば、こちらは「マクワ瓜の形に葉と花をそえて薬神の像として版刻」したものといいます。

 マクワ瓜は、千葉県で田んぼ仕事に従事していた頃、地元の農家兼八百屋さんからおすそ分けしていただいた以外に口にしたことがありません。そういえば、岩手県でマクワウリを販売しているところはあるだろうか。…課題が増えました。

 ところで、“岩手ではお盆にウリ(正確にはカラス瓜)の灯籠を作るのか?、それを今でも放流しているのか?、どこに行くとその様子を見ることができるのか?”という宮沢賢治の作品に因ったご質問に対し(意外と多い)、何時の日かはっきりと明瞭な答えを述べられるよう、今年のお盆も各地を徘徊いたします。

 よろしくお願いいたします。

 夏バテゆえの散文です。

by.まめぶ
[PR]

by torira | 2007-07-26 22:00 | たべもの | Comments(0)

<< 土用と言えば ぬぎだれ >>