花巻市土沢神楽、ヒメボタルの芸能祭

この土日は芸能を見て来ました。
土曜日は花巻市東和町土沢の鏑川神社祭宵宮で、土沢神楽を拝見。
ふるさと岩手の芸能とくらし研究会(長い)の会長所属の神楽です。
まず大勢の父兄が見守る中、子供たちの「しんがく」で幕が開けました。「鳥舞」の後は鮮やかな切れ味の「三番叟」。いつ見てもかっこいい「八幡舞」、花披露のあとはリクエストによる?「折敷(おしき)舞」、「天照五穀舞」でした。紫色の千早の袖がゆっくり降りて来ると夜目にも白いアマテラスの面が徐々に現れてくる場面は、いつもながらゾクっとしますね。
以上で神楽殿での舞を終わり、最後は社殿の中で権現舞をやって宵宮を締めくくりました。会長の権現舞、かっこいいのです。いつも思うのですが、早池峰の権現舞の下舞がもうちょっと長かったらもう少し楽しめるのになぁ。

日曜日は、ヒメボタルの乱舞が見たくて県北・折爪岳のヒメボタル鑑賞会郷土芸能発表会に行きました。あいにく台風の影響で山は霧雨。その上ホタルは今年は不良だそうで、ブナ林のところどころでチラッチラッと光るのを見るにとどまりました。
しかーし、山頂の建物の一角で行われた坂本七つ物(二戸市)、山内神楽(軽米町)、九戸神楽(九戸村)は単なるアトラクション以上のものがありました。特に山内神楽は子どもたちの「剣舞」「鳥舞」もなかなか良かったし、「ふうしょう荒神」は体格のいい若者が気迫満々豪快に舞って皆の視線を釘付けにしていました。一緒に行った友人のダンナも「あれロックですよね!すごいよ。面白かった」と喜んでくれたので、無理強いした甲斐がありました。
ひっつみのサービスや、寒かろうと炭火のおもてなしがあったりと楽しかったです。

by.事務局MA
[PR]

by torira | 2007-07-16 16:05 | 芸能 | Comments(0)

<< 盛岡市長橋町の剣舞供養塔 二見ヶ浦の注連縄が落ちそう ~... >>