本日午後3時です。

 6月晦日の本日、盛岡の最寄りでは志和稲荷神社で午後3時より夏越大祓式が予定されております。ほかにも、大迫の田中神社も6月30日であったような。

 ついでに、県立博物館で紹介している携帯サイズの茅の輪のお守りをはじめとする、蘇民将来と牛頭天王さんとのおはなしに由来した全国の蘇民将来護符の展示は明日までとなっています。

 紫波は遠いなぁという盛岡北部のみなさま、博物館で何となく茅の輪をくぐった気分を想定して半年の災厄を祓ってみるのはいかがでしょうか。
f0147037_8585781.jpg


 ↑は花巻の幸田神楽さんの天王舞。とてもおもしろいです。そういえば、今年の6月14日はいつでしょう???
 
 話が逸れましたが、お守りのコーナーには岩手でおなじみの蘇民祭や和賀大乗神楽さんの「天王」の写真も紹介されています。
 大乗神楽さんの場合は、途中から中国の説話「淮南子」の太陽説話のモチーフがくっついていたりと、早池峰系と違うストーリーが展開されます。
 明日7月1日に花巻で実修される「大乗神楽の里に神遊ぶ」では、「天王」の予定はないようですが、いつかお目にかかれる日を(拝見したことがないのです) 心待ちに・・・。

 ちなみに、“牛玉宝印”札に目のない私。田んぼの畔などに棒が刺してあると近寄って確かめずにはいられない習性が身につき、気がつけば早や10年余。いまだに証明書以外に出会ったことがありません。

by.まめぶ
[PR]

by torira | 2007-06-30 09:10 | 年中行事 | Comments(0)

<< 茅を抜くと・・・ 夏越の祓 >>