虫札

刈り入れを控えた麦畑に「虫札」発見。

「虫札」は虫除けの呪文等々を書いた札で、田畑に立てられるものです。
中身も色々、書く人や配るタイミングや挿す場所も色々。
・・・というわけで現物を見てみたいなあと思ってました。

f0147037_2040917.jpg

この写真は、盛岡市下太田の麦畑のものです。
中央の棒の先についているのがお目当てのモノ。
・・・と思いきや、近づいて見ると、麦の共済関係の証明書でした。

ちかごろは、「減農薬栽培」「転作作物」「共済対象」などなどを証明するモノがこんな感じで田畑に立っていることがあります。
まぎらわしい・・・。

こういう勘違いシリーズは山ほどありまして、そのつどお伝えしていこうと思います。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2007-06-28 20:42 | 年中行事 | Comments(1)

Commented by よもぎ餅 at 2007-06-29 21:39 x
あははは・・
そうでしたか共催の証明書ですか
いや考え方によっては
現代の神様かもしれませんね

神仏に頼らなければならなかった時代
年間を通じて様々な行事がありましたけど
神仏に頼らずにすむ現代は
共済や各種の証明に託すのですね
過疎化などで集落が崩壊し地域行事も
ままならない時代になってしまいましたね
虫送りの光景は、貴重な1ページですね

<< 夏越の祓 とりら創刊号 >>