岩泉へ行きました

5月3日は岩泉町小本、中野のお祭りです。御存知、中野七頭舞が白山神社に奉納したあと、中野の町をめぐって踊ります。

鵜鳥神社から南下して小本に着いたのが14時近く。
実はこの日は田野畑の雷電神社のお祭りもあり、そこで菅窪鹿子踊りと大宮神楽の奉納があったのですが、時間がかぶってしまって拝見できませんでした…。残念。。
f0147037_1348947.jpg
背景をごらんください。海岸からいくらも入らないのにこの森の豊かさ。これが岩泉です。緑の中に色鮮やかな衣装が映えます。
f0147037_1349721.jpg
地元からは「子どもが少なくなって…」という声が聞かれますが、この日はたくさんの生徒が集まり、見守る地域の方々も心が弾んだと思います。

水のきれいな小本川にはサケの孵化場があり、台風10号によって大打撃を受けたことは周知の通りです。小本の七頭舞・七つ舞が集う行われる恒例の「おもとサケまつり」は昨年は中止となりました。今年は再開されるでしょうか?
小本漁協の方(七頭舞の笛方さんです)に伺うと、孵化場は秋ごろ二階建てで再建される見込みだそうです。
f0147037_13514941.jpg
お父さんと七頭舞を踊れるっていいですね!
岩手を離れて暮らしている、中野七頭舞保存会のお一人です。実は我がツルカメ七頭舞の初代の先生。
彼は七頭舞への思い入れが人一倍深く、お祭りには毎年かならず帰っていらっしゃいます。この日は全国各地から七頭舞ファンが集まってきて、最後の踊りは皆でいっしょに盛り上げます。

帰り道、再オープンした「道の駅いわいずみ」に立ち寄りました。建材に木がふんだんに使われていて、木の香りただよう気持ちの良い建物になっています。
f0147037_1359578.jpg
三上さんのイラストが可愛いこのコーナーに、もうじき「とりら」も並べて頂けるはずです。(写真撮影は許可を得ています。ボケボケですみません)
スタッフの皆さま、またよろしくお願いしますね。岩泉にいらっしゃる皆さま、ぜひ「道の駅いわいずみ」にお立ち寄りください。施設の内容や営業時間などはこちらからどうぞ。
次号の「とりら」は、岩泉のあの芸能が表紙を飾ってくれそうです。(ああ頑張らねば…)。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2017-05-10 14:15 | おまつり | Comments(0)

<< ゆっくりですが続けます 鵜鳥神楽、若返る >>