2016年のとしな事情

「姉ももう80過ぎたからなはん、『疲れた』って言うから今年からとしな作るのやめたの。ごめんね」といつもの花屋さんに言われ、盛岡の稻ワラで盛岡の人が作ったとしなが手に入らないことになりました。がーん・・。


じゃ「ちいさな野菜畑」に頼んでみるか。

「なんかねー、今の人はとしな使わないのね。今年は市場に出てないんだって。昔は5つとか6つとか買って裏口や台所やトイレに掛けたけどねえ」。

ギョギョギョ。そういう時代ですか。

そういえばいつもは11月のうちからスーパーの店頭に積みあげられていたとしな、今年はあまり見ないなと思ってました。

う~ん、私は年中行事と飾り物が大好きなので、七夕もお盆もクリスマスも正月も飾りたい方です。少数派か。。


玄関飾りは果物屋さんで買いました。

JA全農みやぎ「宮城栗駒産」です。

f0147037_23294948.jpg

果物屋さん「こういうのは作る人も高齢化で少なくなってるからねー。それと今年は台風があったり天候が悪かったりして稻ワラが良くなかったことも(品薄に)関係あるんじゃないかな。」

なるほど-。


暮れも押し詰まった12月27日に、やっと宮古市北上山地民俗資料館「早池峰山 里の信仰」展を見に行ってきました。

106急行バスはやまびこ産直館でトイレ休憩があります。その3分間に産直に走って行くと、「あった!地元製のとしな!」。

よかった~。もうダメかと思ってたよ。

宮古市川井江繋の方が作ったとしな、稲穂も付いてます。立派です〜〜。うれしい。

f0147037_23283380.jpg

台風10号の時はきっと大変だったでしょう。

「天災は忘れないうちにやってくる」昨今ですが、あと30分でやってくる2017年は穏やかに過ぎてもらいたいと心から願います。


 by.事務局MA



[PR]

by torira | 2016-12-31 23:30 | 年中行事 | Comments(0)

<< 2017年の正月飾り 温泉と芸能 >>