「ほっ」と。キャンペーン

2016年の釜石まつり

あっという間に11月。
遅くなりましたが10月中旬に行われた釜石まつりの様子をお目にかけます。

私が行ったのは10月15日、曳舟まつりの場面。
12時に港市場に着く「予定」でしたがいつものように遅くなりました。陸に上がる御神輿を迎えようと市民が大勢あつまっていましたが、皆さんイライラする事もなく、岸壁にのんびり座って船を待ちます。この時間がなんともいえず良い。

やって来ました、只越虎舞。笑顔がはじけてます。
f0147037_03526.jpg

平田青年会。
f0147037_035173.jpg

東前青年会の太神楽。
f0147037_044295.jpg

おなじく東前の七福神
f0147037_0115764.jpg

錦町虎舞の大きな歌声を聞いて、そばにいた女性が「ナマ歌なんですね」と感心していました。どちらからいらしていたんでしょう?
f0147037_05530.jpg

年行司太神楽。
f0147037_051921.jpg
正式名称は「南部藩壽松院年行司支配太神楽」です。詳しい歴史などは彼らのブログでどうぞ。

大漁旗の中に「根白」という文字を見つけ、大船渡に同じ地名があるので気になりました。
f0147037_12294970.jpg

そして、御輿を乗せたお召し船がやってきました。地元の方々はこの船が目の前を通過するとき、そっと手を合わせます。
f0147037_06391.jpg


上陸する御神輿を迎えて台村の虎舞がにぎやかに踊られ、ムードが一気に盛り上がりました。
f0147037_065067.jpg

歓声のなか、御輿が駆け抜けて行きます。(ゆっくり行くのじゃダメなんですかね?)
f0147037_07682.jpg

港の製氷所で、たった今、陸揚げされたサンマのコンテナに氷が注ぎ込まれました。
お父さんの背中がいいですね!
f0147037_07241.jpg

御神輿が尾崎神社に安置されると、芸能はそれぞれ門打ちに出かけます。夜遅くまで市内にお囃子が響きます。
f0147037_074145.jpg

神社の参道。左端に幡が立っているのがおわかりでしょうか。
f0147037_081717.jpg
釜石の町は大きな建物がいくつも工事中でした。復興は進んでいますが、更地のままになっているところも散見されます。バランスよく、とは行かないんですね。

電車の窓から、宵宮の山神社が見えました。翌日は山神社と尾崎神社があい集い、釜石まつりはクライマックスを迎えます。
f0147037_083874.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-11-02 12:26 | 東日本大震災 | Comments(2)

Commented by bakery_s at 2016-11-08 09:09 x
虎舞、格好いいですよね!
地元から関東に出てきて以来、中々見ることもなくなり、DVDで寂しさを紛らせています(^-^)

懐かしさと嬉しさでコメント入れました。
Commented by torira at 2016-11-08 23:30
bakery_s さま コメントありがとうございます。釜石まつりの雰囲気がちらっとでも感じて頂けたならうれしいです。
のど元までびっちり虎舞に浸かっている祭の青年・子ども達を見るのが好きです。そういう祭を知っている方は幸福ですね。

<< 田野畑村のおまつり ミニ写真展「いわてのしし踊り~... >>