「絆の祭典」と鵜鳥神楽

f0147037_23573696.jpg
遅まきながら、先月行われた久慈市「あーとびる麦生」企画・主催のイベントをご紹介します。

昨年の夏、久慈市侍浜町麦生にある民間のアート施設「あーとびる麦生」におじゃましました。(その時の記事はこちら
熊谷ドリちゃん理事長の「ここでも神楽やりてー。皆に喜んでもらいたい」というお言葉をうけてちょっと橋渡しをし、実現したのが6月5日の「絆の祭典」でした。

今回の公演にあたっては、とりらの「岩手三陸の民俗芸能応援募金」から「あーとびる麦生」に1万円をお贈りしました。事務局の鳥谷峯さんから、画像と御礼メールを頂いています。
「おかげさまで大盛況のうちに終了することができました。
 午前中に開催した神楽への来客数は181名となり、予想以上の盛況ぶりに驚きました。」

f0147037_004314.jpg
こんなにお客さんが来ることは文字通り想定外で、スタッフの皆さんは汗だくになったそうです。
f0147037_075127.jpg
演目は「清祓」「斐の川」「榊葉」「山の神」「恵比寿」。
f0147037_08628.jpg
当日の画像は、とりら8号にナモミについて書いてくださった洋野町のタキオトさんからも提供頂いています。タキオトさんから見て「山の神」がとくにすばらしかったそうで、
「動きを見ていると、『本当に神楽が好きなんだなあ』と感じさせるものがありました。「榊葉」を舞っていたのも若い人で、体の線はまだ細いけれど動きが若々しくて良かったです。」と添えてくださっています。
f0147037_0355448.jpg


午後は、以前にも来てくださった民謡の方々で、こちらもにぎやかだったとのこと。
「あーとびる麦生」の存在がアートの範囲にとどまらず、地域の方々の交流の場となっていることを実感しました。
そんな光景を実際に見てみたかったのに、日程が合わなかったのはつくづく残念です。
f0147037_0153515.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-07-09 00:31 | 催しもの | Comments(0)

<< 盛岡市下飯岡 盛岡市上田 >>