絵を見て本を読んですてきな庭も楽しめるウィーク

明日6月21日(火)から26日(日)まで、「とりら」編集事務局の飯坂が絵画展を行います。
題して「「相棒と。牛蒡と。i vote. Go vote! 」。
この絵を描くために買って播いた牛蒡の種は、もっか本葉が2,3枚で↓こんな状態です。
f0147037_21122084.jpg

手前の船は、気仙沼市の友人がくれた唐桑町御崎神社の「サッパ船」。をアレンジしたもの。
最近はこの縁起物の作り手もお一人になってしまったらしいとか。
「Go vote!=ゴー・ボート」は船が行く、ではありません。選挙に行きましょうという意味です。
縁起物の船を造ったりそれを買い求めたりするささやかで、しかし豊かな暮らし。それが続くかどうかは船に乗せた私やあなたの一票(いや米は「一俵」ですが)次第かもしれない。

会場でメインの作品となるのはこちら。今話題の花巻市のマルカン・デパート大食堂から見た景色を描いた一枚。
描いてる最中に閉店のニュースが発表されてがっかりです。
f0147037_21125594.jpg

会場では5号から8号までの「とりら」の販売もします。すみません、新しい9号は8月頃になりそうです。
私の蔵書コーナーもありますので、自由に読んでください。
主なものは 岡惠介「山棲みの生き方 木の実食・焼畑・短角牛・ストック型社会」
f0147037_758345.jpg
大船渡市民俗芸能調査報告書、「国宝 伴大納言絵巻」、「民主主義ってなんだ? 」ほか。

お知らせ。
毎年この時期に行ってきた「折って支援 高田のうごく七夕へアザフ折り」は今年は行いません。
「うごく七夕」は、復興工事のため今年は「うごかない七夕」になる見込みなので、山車飾りを縮小する祭組もあり、アザフ折りの外部への依頼はナシになりました。なお、高田の七夕そのものは今年も8月7日(日)に行います。
また気仙町のけんか七夕は、場所を対岸に移して例年のように行われる予定です。
ぜひ見に来てくださいとのことです。

そんなわけで、とりら事務局は明日から日曜まで盛久ギャラリーに居ります。
見るとのんびり出来る絵だそうです(本人にはよくわからない)。
ギャラリーの庭の緑もすがすがしい。ぜひ遊びにいらして下さい。

飯坂真紀作品展「相棒と。牛蒡と。i vote. Go vote! 」
2016年6月21日tue~6月26日sun午前10時〜午後6時(最終日午後5時)
盛久ギャラリー(盛岡市中央通1-1-35)入場無料


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-06-20 21:22 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 30分 盆踊り 液状化の跡をたずねる >>