舞手にとって足は命

ケガが絶えません。
ちょっと前、子供が春休みのころのことなんですけどね。


仕事の訪問先がクツを脱ぐところだったんです。
用事が終わって、さあクツはこうと思って、上がりかまちを一段おりるときです。
薄暗くてよくわからなかったんですが、たぶん釘の頭です。
充分にうちつけられてなくて出てたんですね。
そこにカカトをガリっとこすってしまって。
最初は
「いてえなあ」
ぐらいに思ってたんですが、クルマに乗る直前に見てみたら、靴下に血がしみてるんです。

運転しながら
「釘かあ。
血かあ。
これって破傷風なるよなあ。
破傷風ってなんだっけ。
全身腐るんだったかなあ。
予防注射したよなあ。
でも小さいころだから、免疫きれてるかな」

そんなこと考えてると、なんだか心臓バクバクしてきて、怖くなってくるんですね。
「まっすぐ職場もどらないで、洗って消毒するかな」
ということで、いったん家に寄りました。
f0147037_1928342.jpg

春休みで、梵さん(4歳)とツレは、お出かけ中。
Reakwonさん(8歳)はルス番してました。
とりあえず、消毒剤のマキロンとバンドエイドを取って、風呂場へ直行。
靴下ぬいで、シャワーで洗って消毒して…。
まあ、思ったほど大したキズじゃありませんでした。
で、水を拭いてバンドエイドはろう…としたんですが、血がにじんでるので、タオルで拭くのもどうかなあと思ったんです。

大声で
「Reakwonさーん、箱ティッシュもってきてー」
と叫ぶと、

「あー、でも、今ひるご飯たべてるんだよね。
おかあちゃんが今日お弁当持ってお出掛けで。
私も同じお弁当がお昼ごはんなんだよねえ。
それで、つくってくれたチーズ玉子焼きがメチャメチャおいしいんだよねえ」

という返事。
血を流しながら
「玉子焼きあと!!ティッシュさき!!!」
と絶叫した午後でした。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-29 19:50 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 盛岡市仙北2丁目長松寺 秋葉三... 盛岡市茶畑十六羅漢 >>