液状化の跡をたずねる

冊子「とりら」では、「とりら第6号 特別版(2012年4月25日発行)」以降、「とりら第7号 (2013年11月11日発行)」、「とりら第8号 (2015年4月11日発行)」と、東日本大震災の津波被災地でおこなわれている芸能・おまつりのことを紹介しています。

2011年3月11日におきた東北地方太平洋沖地震の影響はたいへん広範囲に及んでいます。
岩手県に暮らす自分にとっても、東北以外での被害はどうだったのか、気になっていました。
液状化被害が大きかった千葉県浦安市に、このたび足を運びました。

結果は…特に被害の痕跡を目にすることはありませんでした。
あとで知ったのですが、今回ぶらついた地下鉄東西線の浦安駅周辺は液状化被害は少なかったのだそうです。


朝だったので、黙々と駅へ向かう通勤客で混雑する街。
焼きはまぐりのお店が多い。
f0147037_20155419.jpg

浦安魚市場へ行きました。
あさりの佃煮を購入。
魚市場のある街がうらやましくなります。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-06-19 20:11 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 絵を見て本を読んですてきな庭も... 国際豆年 >>