長者山虎舞

正月2日は、八戸市江陽のショッピングモール「ラピア」へ。
本屋に寄りながら長者山虎舞を見ようかなあ…という、ユルい新年です。


虎舞のお囃子は、小太鼓と大太鼓を打ち分けるドラムスの技が独特のうねりを生み出すのが魅力です。
今回も、買い物客の遠く向こうから聴こえてきたお囃子に、
「やっぱ、これだよなあ」
と。

そして、イベント広場にご一行が登場。
あれ。
ああ、こちらの虎舞は締め太鼓一つをお腹の前に吊るして打つタイプだった。
いや、でもイイお囃子です。
f0147037_21583188.jpg




虎をあやす
f0147037_21594657.jpg

高くなる
f0147037_220267.jpg

子供を泣かす
f0147037_2202350.jpg


…などなど、「演者ご一行とお客さんの気持ち的な距離が近づく仕掛け」を次々と繰り出していく、この芸能の厚みを感じました。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2016-05-25 21:53 | 芸能 | Comments(0)

<< うんどう会のこと 根反の珪化木 >>