ミズキ差し上げます

1月15日。今日は小正月!
塀の内側に繭玉飾りがありました。向こうに見えるのはミズキの木。
f0147037_15363410.jpg

昨夜ここを通りかかったタクシーがちょっと止まって、「きれいだな」と褒めてくれました。
「小っちぇどきはミズキ団子って言ったな。今は飾る家もあまりないべ」。う〜ん残念ながらそのようです。

この家の物置に「ミズキの枝 差し上げます」という張り紙をしました。
f0147037_1534448.jpg

赤くてきれいで枝が形よく広がっているのでミズキが選ばれるとか。
f0147037_15352443.jpg
切った枝を前日から置いていますが、どなたも持っていってないようです。

今は「ミズキ団子」という呼び方が一般的になったですかね。
昭和53年の「岩手の小正月行事調査報告書」を見ると、「めやこだんご」(石鳥谷町)とか、「柴団子」(岩泉町釜津田)とか、「だんごならせ」(三陸町)など色々あります。「めやこ」というのは「まゆコ」ということでしょう。
f0147037_16213810.jpg

この資料はもはや購入は無理ですが、各図書館で借りたり閲覧したりできます。収蔵検索はこちらでどうぞ。

北海道じゃ「まゆだま」っていうな。
同様の行事、全国的には日本海側でさかんに行われています。
検索してみるとどうも新潟が一番にぎやかです。最中の皮で作るカラフルな飾りが豊富でゴージャス。
あ!ここには正月の切り紙も出ている。
うちは金沢から取り寄せたのを始め、遠野だの花泉だのから買ったのを使い回ししている。(ホントは毎年更新ね)
あの、ピンクや黄色の恵比寿大黒小判などなどのこと、陸前高田市では「飾りせんべい」というらしいですね。欲しかった〜。

紙に印刷されたおかめや千両箱は宮古市で買いました。
f0147037_1610396.jpg
宮古の春は元気かな?

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2016-01-15 16:25 | 年中行事 | Comments(0)

<< 2016年の悪魔払い 川原獅子舞1 小正月 >>