とりら募金のご報告 2015年10月〜12月分

2015年10月〜12月の三ヶ月間に頂いた「とりら 岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金」に対し、お志を寄せて下さった皆様のお名前を挙げ、感謝のしるしといたします。

那須川真由美様、橋本和幸様、吉田計子様、貴重なお志をありがとうございました。

頂いた募金は現在は主にお花(ご祝儀)として各団体等に差し上げています。
今期は、釜石まつりで、年行司太神楽、東前太神楽、錦町虎舞、尾崎虎舞、只越虎舞、平田虎舞、平田神楽、八雲神楽の各団体にお花各5000円をお贈りしました。また盛岡で公演された野田村のなもみ太鼓、大槌町の上亰鹿子踊りへもお贈りしました。鵜鳥神楽へは募金からすでに複数回のお花を差し上げていますので、今回は個人的にお花を差し上げました。
f0147037_21402260.jpg

震災から5年になろうとしています。
「今年もお正月の悪魔払いを行いました」などという年賀状を頂いていますが、ここへ来て沿岸被災地へのまなざしがぐっと薄くなって来た気がするのは私だけでしょうか?
去年も各地で自然災害が起こり、また世の中も大きく動きつつあります。
私自身、今年はこれまでのペースで沿岸へ行くことはおぼつかなくなりそうです。
しかし新しい町の姿はまだ見えて来ないところが多いのです。
難しい時期にさしかかりました。
少ない力で何が出来るのか、考えるヒントなどを頂けたらと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
f0147037_21404830.jpg

[PR]

by torira | 2016-01-06 21:02 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 正月は続くよ 2016年のお正月飾り >>