おでってに北沿岸の風が吹く

盛岡観光コンベンション協会の主催で行われる年に二回の「おでって芸能館」、秋は復興支援の沿岸編です。
今年は北沿岸の3団体が盛岡にやってきました。

トップは野田村から「なもみ太鼓」。施設の踊り場を利用した屋外公演でした。
どんよ〜りしていてちょと寒ーい。野田より寒いというトーク。でも始まるとなると上着をエイっと脱いで大熱演です。
f0147037_20424597.jpg

曲は、“なもみばやし”、“海神(わだつみ)”、そして会長さんから「野田は海だけの村ではありません。和佐羅比山(わさらびさん)という信仰の山を後ろにしています。そういう意味で名付けました」と説明があった“風林太鼓”の3曲でした。
f0147037_20505089.jpg

時に腰をぐっと落とし、時に跳ねながら打つ、なもみ太鼓。次第に高まっていく演奏に、大勢のお客さんが熱い拍手をおくっていました。
f0147037_20474997.jpg


次はホールに場所を移して、岩泉町の「釜津田(かまつだ)鹿踊り」です。
「私たちの地域は山の方なので震災による被害はありませんでしたが、今日は震災復興にからめた企画ということで、お墓でやる念仏踊りをご披露いたします」というご挨拶がありました。
f0147037_2058778.jpg
ステージの上にお墓を模した黒い標柱が置かれ、そのまわりを鹿たちが念仏の歌に連れてゆったりと回ります。また歌がかかり(なかなか聞き取れない)一人ずつ拝みます。
ふだん岩泉町の芸能祭などでは見られない演目です。
f0147037_2132350.jpg
下閉伊郡の鹿踊りは毎年お盆に墓地や新盆の家で踊ります。
派手で激しい動きはないかわりに、しみじみと心にしみて来る魅力をもっています。見られて良かったなあ。
f0147037_217486.jpg


トリは普代村の「鵜鳥神楽」。若手による「山の神」が素晴らしい。
f0147037_23424896.jpg

90才の胴取りさんがひんぱんに歌をかけ、舞手をぐんぐん乗せて盛り上げて行きます。満員のお客さん大喜び。
あっ!なんと太鼓で幣束を受けた!
普通は太鼓のバチで受けとめる場面です。珍しい。
f0147037_2114065.jpg

面を取ったところを見て「女の子かしら」というささやきが聞こえましたが、いいえ男子ですよろしく。
f0147037_21395877.jpg

〆はおなじみ「恵比寿舞」です。タイを釣り上げてめでタイ。
f0147037_23325778.jpg
沿岸の芸能って、神楽でも虎舞でも「商売繁盛」と歌いますね。基本、芸能は祝福芸というとらえ方なんですね。
f0147037_21491475.jpg

今日の神楽幕は釜石の宿の方が寄贈なさった幕でした。
鵜鳥神楽、来春の巡行は南回り。がんばってください。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-11-25 21:58 | 催しもの | Comments(3)

Commented by 阿部 at 2015-11-26 17:31 x
良かったね幕が元のデザインを踏襲して・・紺地の幕はちょっとね
Commented at 2015-11-27 01:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by torira at 2015-11-27 19:19
阿部さま。
近くで見ていた知人は神楽幕の派手なことにびっくりしていました。染めのあんばいも良い感じで、ぱーっと場が華やぐ幕が出来て神楽の皆さんも 喜んでらっしゃるでしょう。

カワシマさま。
丁寧なコメントありがとうございます。励まされました。
遠路はるばるいらして鵜鳥神楽を見て頂けたこと、深渡さんはきっと喜んでくださるでしょう。私からもお礼申し上げます。

鯛を釣り上げたお客さま、どなたかは知りませんがとても良い表情に撮れていました。まんいちこのブログを見ていらしたら記念にお贈りしたいです。
というわけで、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(事務局MA)

<< 東京造形大学の企画展に「とりら... 野田まつりを振り返って >>