2015年の釜石まつり その2

f0147037_18391359.jpg
市役所前の御旅所です。玉串を捧げているのは、ここに代々住んでいらした菊池さん。震災前はここは菊池家の御旅所だったそうです。
「とりら」6号の山本洋佑さんの文章にも出て来るこの方は、釜石の旧家のお生まれで、敷地内には古文書などを納めた蔵があったそうですが、「一切どこかへ流れていきました。残ったのは重い御神刀だけ」と錦の袋に入った長いものを携えていらっしゃいました。

本来は羽織袴に裃(かみしも)を着て祭に加わる役ですが、「震災後は裃は着ていません。紋付きだけです」と首を振ります。
流された文書の中には、南部藩のお抱え芸能集団、七軒丁関係のものもあったとのことでつくづく惜しまれます。

ドラッグストアの横で錦町虎舞が踊っていました。赤いほっかむりの道化の方、えらくお上手。さぞかしベテランさん、と思いきやかなり若い方だったので驚きました。
f0147037_22105114.jpg

子ども達が「うさぎ うさぎ」を踊っています。鵜住居虎舞もこれやりますね。この2団体は交流が深くて、お互いの祭に行ったり来たりして応援し合います。
f0147037_22122375.jpg
そういえば「うさぎ…」は年行司太神楽も踊ります。やはり太神楽と虎舞は近いのでしょうか。

元バスセンターの御旅所に神輿が到着しました。あっ、見物の中に大槌町の某虎舞の方(クリームソーダがお好きらしい)が混じってますがわかるかな〜?
f0147037_2215542.jpg
平田神楽に、とりら募金からお花をお出ししたら覚えていてくださって、「去年も頂きましたね」と言って頂きました。
権現様を持ってポーズ。
f0147037_22165829.jpg
「ブログ、ときどき見てるよ」と言われて恐縮です。記事を書くのが遅くなってごめんなさい。

御旅所で踊る台村の虎舞です。足が白いんですね。
f0147037_22222334.jpg
大勢の人出で写真を撮るのに苦労しました。やはり見る人が多いと盛り上がります。こちら東前太神楽。
f0147037_22225159.jpg


最後の良いシーン、送り船を見ようと魚市場で待っていました。
f0147037_22254078.jpg
あれ?御神輿は来たけど芸能が来ない。
「年行司太神楽と八雲神楽は奉納芸能ではなく、神事にたずさわる団体」と菊池さんに教わりましたが、この2団体しか見かけませんでした。大人の事情があるようです。
「来年は岸壁が出来るから、その時は送り船もにぎやかにやるから!」と虎舞の方に強調されました。
f0147037_22283369.jpg
今年はさようなら。来年またお待ちしています。
工事が進む釜石港が輝いていました。
f0147037_2229398.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-10-30 22:39 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 2016年の三陸復興カレンダー 2015年の釜石まつり その1 >>