2015年の釜石まつり その1

遅くなってすみません(最近こればっかり)、釜石まつりのご報告です。
f0147037_2115438.jpg
駅近く、シープラザ遊に御神輿が来ました。たくさんの人が出ています。
震災の年の釜石まつりを思い出すと、あの日ここに並んでいた出店は今年はありませんでした。かわりに大町の青葉通りに露店が列を作っていました。大町がだいぶ復活してきたからです。

神輿を担ぐ皆さんのお昼休み。お疲れ様です。
f0147037_2184843.jpg

私がお昼を食べに入った店では、6,7人の男性がご飯とともにビールをじゃんじゃん飲みながら「お祭りだからいいんだもんね!」とはしゃいでいました。復興関係で釜石に長期滞在してる方たちでした。

震災前と同じように、路上で演舞が行われていました。以下、年行司太神楽です。
f0147037_2116645.jpg
f0147037_21163642.jpg
建築中の建物が背景に入ってきます。ずいぶん工事が多かったな。

平田神楽は小さな後継者が育ちつつあるようです。この背景も建築中のビル。
f0147037_21191675.jpg


八雲神楽の太鼓のリズム、前には気づかなかったのですが県北のナニャドヤラの太鼓にそっくりです。ドキドキするあの感じ…。
舞をちゃんと拝見するのは初めてだったかも。輪踊りになったり一列になったり、神楽にしては不思議なフォーメーションです。囃子も舞手も若手が多くてびっくりしました。
f0147037_21244212.jpg
権現舞もなんだか独特。ちゃんと見てみたい神楽です。
f0147037_21252522.jpg


東前の七福神が来ました。
f0147037_21261640.jpg

釜石のジャズ喫茶「タウンホール」の御主人が「七福神のリズムが好きさ」とおっしゃっていたのを思い出しました。たしか2011年に一度おじゃましたのです。
二階のお店なので津波の被害は廻りの惨状に比べれば少なくて済んだそうで、震災後は市民のいこいの場になっていました。今回寄ってみようと思ったら15時開店なんですね。

小川(こがわ)鹿踊り。「仙人秘水」でおなじみの釜石鉱山がある甲子(かっし)町の芸能です。
f0147037_2149262.jpg
遠野に似てるなーとおもったら、遠野市上郷町の板沢の鹿踊りが伝わったのだそうです。詳しくは「祭の追っかけ」さんのこのページをどうぞ。

…というわけで続きはまた明日。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-10-29 22:23 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 2015年の釜石まつり その2 釜石まつりのポスター >>