送り盆のあれこれ

8月16日、盛岡から岩手町までうろうろしてみました。

盛岡市玉山区渋民の鶴飼橋たもとへ。
残念ながら舟ッコ流しはすでに終わって、舟は川縁で燃やされ煙となっていました。
f0147037_13151544.jpg

火の後始末をしながらのんびりと川を眺めていらした関係者の方によれば、15時に宝徳寺の舟を、17時に喜雲寺の舟を流したのだそうです。
「流すっても10Mくらいね。今はほら、色々問題があるから」とちょっと笑ってました。
f0147037_1318196.jpg
「五色の紙は、流れて行く船に向かって投げかけるの」とのこと。もうちょっと早く家を出ていれば見られたのに、、と後悔しきり。
昔は盛んだったお寺の盆踊りは、今は行われていないそうです。ああ残念。

げんぞうさんの夏まつりポスターの1つに、岩手町の道の駅「石神の丘」で行われる「岩手町盆踊り大会」があったので行ってみました。
「始まるよ〜」と寄せ太鼓を打つ太鼓のおじちゃんがすごいカッコイイ!
f0147037_13504516.jpg

浴衣の裾の片方をちょいと尻っぱしょりにして、ノリノリで叩き出す爆音にノックアウトされてしまった。
f0147037_13245045.jpg

「お庭広げろ 太鼓打ち〜♪」。
唄もいい。もうちょっと歌って頂きたかった。

きれいに着付けをした踊り上手の皆さんが「しなよく踊」っていらっしゃいました。
f0147037_13255964.jpg


げんぞうさんによれば踊りは4種類とのことでしたが、1つめはかなりナニャドヤラに近く、3つめ4つめはさんさ踊りに似ている。
わたし、とりら3号に「さんさ踊りと盆踊り」というテーマで書いたのですが、岩手町あたりはさんさとナニャの境界にあって、どちらでもない「ただの盆踊り」エリアなのです。興味ぶかいです。

盆踊り大会だから道の駅のお店も時間延長して開いているのではと思ったけど甘かった。出店もなかった。やっぱ焼き鳥とかとうもろこしとか食べながら見たいんだなあ。
マネして踊ってみた人にも見てるだけの人にも記念のタオルを頂きました。ありがとうございました。

その後、玉山区日戸の盆踊りを見に。ポスターの手描き文字、ただ者ではありませんねこりゃ。
f0147037_13282950.jpg

啄木ゆかりの常光寺はおおぜいの人で賑わっていました。
f0147037_13334445.jpg
地元の伝統さんさで踊っていましたが、少し古い甚句踊りになると覚えてるのはご年配の皆さんだけのようです。
f0147037_133517100.jpg

「甚句はわかんないからやめよう」とまたもとの曲になりました。
焼き鳥、焼きそばなど出店も充実。お店の中にも、踊りのお囃子にも地元の神楽の方々が混じっていました。老若男女がわいわいと楽しそうで、いいお盆の風景だなっ と感じたのでした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-08-28 20:30 | 年中行事 | Comments(1)

Commented by 一八 at 2015-08-29 21:45 x
舟ッコ流しもですか。
先日、音の無い盆踊りは異様でしたの記事を読む。
踊り手はイヤホンで数曲のお囃子を聞きながら踊るらしい。
踊り手も好きな曲に集中できて良いとのこと。騒音問題ですね。
今はイベント化してきてる?民俗芸能の曲がり角の時かも。

<< 近所を歩けば 歌い手の魅力 >>