目で見て楽しむ名所

盛岡市都南歴史民俗資料館で合同企画展「目で見て楽しむ名所 -鎌田コレクションを中心に-」が開催されています。
大正~昭和期に起こった国内の観光ブームにより、観光地の絵葉書や名所案内が多数発行されました。
今回は市内在住の収集家鎌田氏所蔵のものと、館所蔵資料を展示しています。
盛岡や平泉など県内をはじめ、東北各地の名所を紹介した資料の数々。

印象に残ったのは“花巻電鉄があるころの花巻温泉の図”です。
通いなれた地域のものほど、意外性を感じます。
いまとは違う風景が独特の濃淡で描かれており、一点一点それぞれに情報がいっぱい。
会期は残りわずかですが、多くの方にご覧いただきたい企画展です。
f0147037_2232693.jpg


都南歴史民俗資料館
開館時間9:00~16:00
入館無料
休館日:月曜日(休日にあたるときは、直近の平日),年末年始
盛岡市湯沢1-1-38

「合同企画展「目で見て楽しむ名所 -鎌田コレクションを中心に-」
7月18日(土)~8月30日(日)


 by げんぞう
[PR]

by torira | 2015-08-25 22:34 | 催しもの | Comments(2)

Commented by ぜんまい at 2015-08-27 17:10 x
歴史的な背景は無知なほうですが、昔の暮らしの跡を想像する「ブラタモリ」的な企画は好きです。
最近は近所の赤川堰跡をたどったりして「おぉ」なんて言ってます。
Commented by げんぞう at 2015-08-28 21:58 x
あまり街歩きをしないもので、このあいだ本町菓子店ができているのをはじめて知りました。

<< 歌い手の魅力 沼宮内の「流燈会 燈籠流し」 >>