寺でそうめんに出会う

「背中あて」は人気あるみたいですね。

背中あての産地、八戸市のお寺へお参りに行った方から、少し変わった盆棚の画像を頂きました。
そうめんがすだれのようになっています。なんかキレイですね。あ、青リンゴも吊されてる。
f0147037_13572424.jpg

しかし、あんな長いそうめんは見たことがない。八戸の製麺屋さんが作るのかな?

スイカがごろごろしてて壮観ですが、あんなにたくさんを誰がどうやって食べきるんだろう?
お盆明けに近くの子どもを集めてスイカ割りなどするんだろうか。。
いろいろと疑問がわきます。

そういえば子どもの頃、ご近所の農家からそれぞれスイカを頂き、食べきれなくて台所にいくつも転がしていたことがあったっけ。

盆棚は本堂の御本尊に向けて設置されているそうです。
f0147037_13581579.jpg


今年もおいしく食べました。
f0147037_13565180.jpg


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-08-21 14:07 | 年中行事 | Comments(2)

Commented by わたなべ at 2015-08-24 20:14 x
背中あてって初めて聞きました。

祭礼行事って
自分から調べる気がないと
普通に暮らしていては
全然耳に入らない世界になっている気がします。
この前
竹から紐を作っている映像を見て
竹紐なるものが、この世の中にあったことでさえ
50年も生きていて初めて知りました。

学校で教えることに
このような祭礼行事というか
昔は、紐ひとつにしても
色々な素材からつくられたとかいう話を
子供たちにして欲しいなぁ・・・
と思う自分が居ます。
Commented by torira at 2015-08-28 21:08
竹紐、初めて知りました。ありがとうございます。
竹紐やお盆行事のことを学校で習っても、実体験できないと心に残らないのではと危惧しています。

背中あては細めに切ってゆでてトマトソースで食べるのが我が家の定番となっております。
お盆もあっという間に過ぎてしまいました。

<< そろそろ秋祭り 御戸入りはエアリー >>