御戸入りはエアリー

下閉伊郡のお盆は、あちこちで鹿踊りや剣舞が門付けに歩く‥というような事を以前ここで書いたのですが、近頃はだいぶ様相が変わってきたようです。

10年前に宮古市内陸部の川井の町を歩く「御戸入(みどいり)」を見て感激した記憶があり、もう一度あれを見たいと思って問い合わせましたが「今はお盆の門付けは行っていません」とのこと。
他の芸能団体のことをお伺いしても「お盆はしばらく行っていません」というお答えを頂いたりしました。

「御戸入は川井のふるさと祭に出ますよ」とも教えて頂き、出かけてみました。
f0147037_14282434.jpg

川井は林業のまち。北上山地から伐り出された広葉樹が積まれています。
f0147037_1430542.jpg

川井のまちなみ。家の庭先には他県ナンバーの車も並んでいて、帰省している家族が集まっていることが伺えます。
f0147037_14315293.jpg


川井小学校のグラウンドに飾られた提灯に明かりがともり、御戸入が始まりました。
f0147037_14394557.jpg
御戸入りは、踊り手の滞空時間が長い。
お囃子はわりにゆったりしていてますが、踊りのステップは踏み込みが深いので見た目よりきつい踊りなんだろうなあと思います。
竹刀の二人に始まり、太刀やなぎなた、杵など、七頭舞と同じような道具で踊るので、競演してみると面白いだろうなあと思うんですが。

最後は弓矢(なんと呼んでいるか忘れました)二人のデュエットです。15分以上も踊って来て疲れていると思うのに、重力がここだけ薄いのか?というくらいに、いっそう高く跳びます。立っているだけだった太鼓も、ここに来るといい動きを見せます。
f0147037_14434949.jpg
他の方のストロボと同調したのできれいに撮れました。跳躍の高さがおわかり頂けるでしょう。

川井さんさと川井音頭が続きます。きれいな踊りをされるご婦人多し。
f0147037_14342112.jpg

山の霧が降りてきて、背景を幻想的に彩っています。

やっぱり出店があるといいですね。焼き鳥100円ほか。
f0147037_14375231.jpg

これは三陸港音頭かな?沿岸の地名が織り込まれていて、なんとなく親しみがわきます。
f0147037_1436599.jpg


「御戸入を見てみたい!」という方には11月の川井郷土芸能祭をおすすめします。他にも良い芸能が出ますよ!

帰り際、地元スーパーでお手製の煮染めを買い、家に帰って「やっぱしお盆は煮染めだね」と大根や薩摩揚げをつつきながら余韻にひたったのでした。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-08-20 14:23 | 年中行事 | Comments(0)

<< 寺でそうめんに出会う トリさん >>