トリさん

お盆は盛岡から八戸へ帰省。
行く先々で、ビン牛乳やらソフトクリームやらを買います。
ただし「一家族1点限定」ということで。
結果、7歳・3歳の姉妹は大喧嘩になります。

久慈市侍浜の海水プールでひと泳ぎしたあと、「おおさわサマーフェスティバル」を開催中の洋野町種市の「アグリパークおおさわ」へ。
「風呂入れるよ」
「エアートランポリンあるよ」
「ヤギもいるよ」
ということで家族を連れて行き、瀧澤鶏舞を見る。
という流れです。

瀧澤鶏舞は、お盆にはこの近くの城内地区で供養をおこなっています。
「世界最南端の鶏舞」「岩手県唯一の鶏舞」としても知られています。
この「おおさわサマーフェスティバル」には毎年かならず出演しているというわけではないのですが、こういう機会が今後も増えるといいなあ。
f0147037_20524090.jpg
お囃子・踊りともに若手からベテランまでメンバーがそろっています。
f0147037_20525343.jpg
中心に立つ花を切るのはベテランの踊り手。

私は見るたびに
「下閉伊郡の剣舞や盛岡周辺の高舘剣舞と似た雰囲気があるな」
と思うのですが、7歳・3歳の姉妹はもっと違った感想を持ったようです。
「トリさんだ」
としきりに言ってました。
鳥兜に見慣れてるとあまりそう思わないのですが。

by げんぞう
[PR]

by torira | 2015-08-19 20:54 | 芸能 | Comments(0)

<< 御戸入りはエアリー ちょっと前のとか >>