さんさ踊り色々

初夏になるとあちこちからさんさ太鼓の音が聞こえてくる街、盛岡。
8月1日から四日間は「盛岡さんさ踊り」というイベントまつりで盛り上がります。

ホールの公演などもありますが、パレードがメインです。
f0147037_2257101.jpg
そろいの浴衣で踊るのは会社のチーム。
f0147037_22573252.jpg
めいめいの浴衣で参加するのもいいですね。
f0147037_2258767.jpg
いぜんは要所要所で輪踊りをしていた伝統さんさの団体もパレードに加わるようになりました。
f0147037_2258253.jpg
小学生が大きな太鼓を抱えて叩きながら踊っちゃうのには毎度感心させられます。さんさ太鼓が叩ける子どもがたくさんいる街、盛岡です。

多いのはやはり会社・企業のチームと愛好グループですが、今年はなんだか町内会のチームが増えて来たような印象を受けました。
f0147037_22594773.jpg
青山地区まちづくり協議会は、いくつもの町内会の集まりです。1チームの最低人数が決められているので小さい町内会は参加が難しいですが、いくつかまとまればクリアできるというわけ。いいですね。
f0147037_23175172.jpg
図工クラブに来ていた子ども達が加わっている「新庄 花垣会」。あまり知られていないかもしれませんが、伝統さんさの団体です。しかも個性がある。

盛岡以外のさんさ踊りになると個性はもっとはっきりしてきます。
f0147037_234156.jpg
北上市の「曽山さんさ」は中央に花笠を立てます。お囃子が真ん中に(しかも座って)いて念仏剣舞っぽい。

沿岸部各地にもさんさ踊りが伝承されています。たとえば宮古市の津軽石さんさ踊り。
f0147037_2363219.jpg

世界遺産で話題の釜石市橋野地区には中村さんさ踊りがありますね。
盛岡の人が大正時代に伝えたさんさだそうです。

各地のさんさ踊りを見てみたいですよね。
応援する意味でも、毎年一団体くらい沿岸部のさんさ踊りをお招きすれば、観光客の皆さんも私たちももっと楽しめるんじゃないかなあ、と思うのでした。

  by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-08-09 23:19 | おまつり | Comments(0)

<< 盆を前後し 髪を換える話④ >>