2015年 黒森神楽、舞立ちました。

久しぶりに、黒森神楽の舞初めに行ってきました。
この日の宮古はときおり青空も見えて最高気温プラス2度。真冬日の盛岡に比べると暖かいですが、ほおに当たる風が冷たい日でした。

まずはお腹の中から暖まりましょう。
末広町の小さな中華屋さん「紅梅食堂」でランチです。
相席になったオジサンが黙々と五目あんかけの堅焼きソバと餃子をたいらげていました。黙っててもおいしいと感じてるのがわかります。
で、向かいの方は堅焼きソバを、私は中華丼を注文しました。
f0147037_18271995.jpg

食べればわかる。なるほど美味い!
意外にも塩味は控えめ、鶏のダシがよく効いています。あの豚肉おいしかった。なぜ?
他に家族連れがいてとても楽しそうに食事していました。次に来たら餃子も頼もう。
スタッフはお母さんと(たぶん)娘さんという、名の通りの「紅梅」組です。
このお二人がオシャレ!あのファッションで中華鍋を振るとは。

食後になんとなく震災の話になりました。
食堂の天井まで水が入り、「私の部屋も泥とガレキでめちゃめちゃになった」とのこと。
まわりには新築の建物がちらほらあり、別の通りには大きな復興住宅(アパート型の)が建築中でした。
「なんか正月じゃないみたいだよ、静かで。通りに人が歩いてなくてさ」とお母さんがおっしゃっていましたが、たしかに活気があるとは言えないかも。
街のメインストリートに復興住宅が建てられるという事実が街の変化を語っています。(でも魚屋さんはとても魅力的なものがそろってた)

3時に山口公民館に着くとまもなく舞い込みが始まりました。
f0147037_1738544.jpg
神楽衆が多い(今回は総勢17名だったそうです)。しかも平均年齢が若いぞ。

私は2011年の舞い込みのことを思い出します。今日よりさらに寒い日でした。
f0147037_17395813.jpg
重茂の彼の家は高台にあり無事でした。でも今回は来ていなかったな。

火防せのご祈祷です。
f0147037_1742797.jpg
燃えさしは火事を除けるお守りになると聞いていたので帰りに頂いてきました。

中にはたくさんのお客様が集まっていました。
先ずは「清祓い」から。
f0147037_1743195.jpg
武張る舞ながら繊細な所作が美しい。

お正月だし、やはりここは「松迎」でしょう!松の緑が福々しいですね。
f0147037_17435346.jpg
千秋さんと万歳さんとどっちがどっちかわかりませんが、後半になると中堅の方の舞手がみるみる乗ってきて、見ている側も体温急上昇。写真を撮るのをやめて見入ってしまったほどです。思わず会場から拍手が沸いていました。

f0147037_17463521.jpg
初々しい若い山の神でしたね。マグロの実習船に乗る予定というのはこの若い衆の話だったかな?船中でビデオを見ておさらいするそうです。

f0147037_1748196.jpg
私の後ろでずっとウルトラマンの歌を唄っていた子が恵比寿さんのお相手を務めました。とても可愛かったです。

今回、黒森神楽では滅多にやらないという「五大竜」が披露されました。
山の神が出来る舞手が5人いないとやれないという演目ですから演じる機会がないのも無理はありません。
しかし5神が揃って見栄を切った日にはたまりませんね。これですよ。
f0147037_17494811.jpg
黒森系の神楽では、舞台上で輪踊りをすることってあまりなかったようなと思いながら見ていました。
f0147037_17525219.jpg


とうぜん最後まで見たかったのですが、今回は公共交通機関利用のため途中で退席。失礼しました。手づくりの黒糖饅頭とミカンごちそうさまでした。

震災後、これまでにも増して神楽宿の確保が難しくなった神楽巡行。宿がないばかりではなく見に来るご近所さんも激減です。
黒森神楽の予定、わかってる分としては、10日(土)午前中に末広町商店街を門打ちし、午後1時半から末広町「りあす亭」で新春公演です。
末広町商店街振興組合のチラシデータはこちらです。
その前に7日(水)に遠野八幡宮、8日(木)に北上市へ舞い込むらしいという情報を耳にしました。
詳細を御存知の方、どうぞお知らせください。
黒森神楽の今シーズンのご無事とご活躍をお祈りします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2015-01-04 18:25 | 芸能 | Comments(0)

<< とりら募金のご報告 2014年... 県境近く >>