郷土芸能祭の観客を増やした岩手町

岩手町から、今回もカレンダーを送って頂きました。
f0147037_23284632.jpg

2015年版の工夫。
f0147037_23275961.jpg
1ページの掲載団体が増えました。そして掛け穴が3つに!
このカレンダー、1ヶ月が過ぎたら真ん中の点線に沿ってチョキチョキすると次月の暦が見られるレイアウトになっています。めくり上げたページを留めるための穴なんです!
f0147037_23284255.jpg


さらに今年の岩手町郷土芸能発表会のパンフレットと、その時のアンケートの集計結果が同封されていました。
これを見てびっくり!
「来場者850人」「会場は出演関係者を含めると1200人の賑やかさでした」とあります。
郷土芸能祭は昭和40年頃から各市町村で行われるようになりましたが、年々客席が寂しくなっていく町が多いように感じています。むろん、終演までたくさんの拍手が贈られる芸能祭もたくさんあるにはあるのですが、どうしてもマンネリになり、また若い世代が見に来ないとう傾向があると思います。
それがなぜ!?

岩手町郷土芸能団体連絡協議会事務局の方(カレンダーの制作者でもあります)にお礼かたがた電話してみました。
「数年前に芸能発表会を教育委員会ではなく自分達が手がけるようになってから変わりました。ポスター・チラシも自分達で作り手分けして貼ります。発表会の準備も自分達でやり、アンケートの集計結果を公表するようにしました。
その成果が出てきてここ3年は平均700名の方が見に来てくれるようになりました。アンケートの回答数もぐっと増えて手応えを感じています。みんな自信を持つようになりました。みんな頑張っています」。

今年のゲスト団体は盛岡市の三本柳さんさ踊りで大好評だったそうです。アンケートというのはなかなか集められないのですが、良かった、感激したという感想がどっさり書かれています。
おそるべし、岩手町。こちらも元気の出て来るお話です。
f0147037_23312477.jpg

いろいろと参考になるこのカレンダー、じつは事務局の方の自主制作、情熱の賜物なのです。応援したくなりました。
1部700円。ご希望の方は以下へお問い合せください。

企画・発行 「民俗芸能友の会」
〒028-4307 岩手県岩手郡岩手町大字五日市10ー18
TEL.0195-2370 FAX.0195-61-2375


 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-12-29 14:45 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 良い年になりますように 最後の?気仙郷土芸能まつり >>