話をもる

~「帝童」に相当する山伏神楽の演目~
・「帝童(ていどう)」は、大乗神楽の演目のひとつ
・「帝童」は、通常のバージョンでは、特にストーリー性は見られない女舞
・「帝童」という演目は大乗神楽以外にはない
・「帝童」には、「おっかけ」と言われる道化が出るバージョンがある
・山伏神楽では、「年寿」もしくは「若子舞」という名称の演目で、「おっかけ」を含む場合がる
・一部の山伏神楽の「若子舞」では、「テイドウには・・・」という唄を連呼するものがある(中謡と別の場面で)
・「帝童」と「年寿」「若子舞」は、もとは同じものだと思われる
・ただし、「帝童」には、「年寿」「若子舞」ほど長い中謡はない

~「帝童」という語~
・山伏神楽の女舞,岩戸開の中謡,神おろしの謡などに、「テイドウ」の語が見られる
   (先述の、「若子舞」の「テイドウには・・・」という唄と別に)
・大乗神楽の唄・中謡には「テイドウ」の語はみられない
・一部の神楽では「テイドウさつさつの鈴の声」というフレーズになっているため、
  「『テイドウ』は鈴と関係ある語ではないか」と考えがち。だが・・・
・「テイドウさつさつの鈴の声」は、語句が脱落した一部の団体の場合のフレーズ
・より詳しいのは、例えば下記(盛岡市の大宮神楽の天女)
「拾二人の神楽男 八人八乙女 ていとふ六緒の調べのこえ さつさつの鈴のよそほへ繰合 しづしづと御はやし」
・これらのフレーズは“祈祷のための歌舞音曲をおこなおう”というような場面で用いられている
・歌舞音曲の種類と擬音を列記しているフレーズなので、「ていとふ」もその一種の何らかをあらわしていると考えられる
・和琴をあらわす「六緒」の前にあるので、和琴の擬音かもしれない
・雅楽で用いる打楽器の奏法に「帝(テン)」「図(ズン)」「百(ドウ)」などがあることから、これら打楽器の擬音かもしれない
・狂言「福部の神」に出てくる空也僧鉢たたきの歌に
「瓢箪ふくべに緒をつけて、をりをり風の吹く時はヒョラヒョン、潮瀬の風の寒き山野に、ていとう打鳴らし、三界を家と走りめぐる鉢叩きめが・・・」(※「でいどうと打ち鳴らい」とするものもある)
という一節があることから、ふくべ(ヒョウタン)を打つ擬音としても使われていたと考えられる

~女舞と音楽~
・女舞は見た目は美しいのだけれども、どうも意味がよくわからない
・しかしこまかく見ていくと、「天女」で「トリラトリラ」の語があったり、「若子舞」はじめいくつかの演目で「ていどう」の語が出てきたり、「桜子」で太鼓を打ちながらの舞があったり・・・表現の仕方は様々だが、女舞は何かと「音楽」を主題にしようとしているように思える
・翁舞でも神話モノの演目でも音楽がからんでくるものがあるが、少し位置づけが違う
・「女舞の意味」は「女舞と音楽」を考えたほうが見えやすいのかもしれない


・・・という、数年前のメモ書きを改めて見る機会がありました。
間を置いて目にすると、どうもこういったウンチク話というのは、「だから何なのか」という印象が先立ってしまいます。
積もった雪をひたすらヨコに移動するような感じとでも言いましょうか。
実際に演じられる「帝童」がすてきなだけに。
f0147037_2146486.jpg

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2014-02-28 21:48 | 芸能 | Comments(0)

<< カンカン 納豆あるところに芸能あり >>