東京で「とりら」が買える

「とりら」が買える、首都圏唯一のお店が国立市にあります。
f0147037_21592157.jpg
「レコードショップ アポロ」は、クラシックの品揃えがとても豊富なCDショップ。CDが店の奥までずらーっと並んでいるさまは壮観です。オペラやバレエのDVDも充実しているそうです。

f0147037_2159199.jpg
「とりら」6号と7号取扱中。(内容はこちらからどうぞ)
「バーンスタイン アニバーサリーDVD 第九 5枚セット」という豪華なボックスの他、「元気が出る演歌」「やすらぎの歌謡曲」なども並んでいました。
f0147037_21595224.jpg

在庫をチェックされているあの方がオーナーです。何を隠そう「みちのく芸能ごよみ」管理人でもあるげんぞうさんのご実家がこちら。

「小さい店が今はなくなってきて」とおっしゃっていましたが、やっぱりお店の方と話をしたりしながらモノを手にとって見られるっていいですよね。
学生の街である国立市は個性的な小規模のお店が多く、歩いて楽しいのです。もっとあちこち見たり食べたりしたかった〜。
独自性があって文化度が高い街という評判も納得しました。

レコードショップ アポロHP〕 
東京都国立市中1-10-20   AM10:00~PM8:00.
TEL/ FAX 042-572-3414

歩いてたら「幇間」が登場する節分のお知らせを見つけました。

 by.事務局MA
f0147037_2158113.jpg

[PR]

by torira | 2014-01-27 22:09 | 年中行事 | Comments(2)

Commented by mori at 2014-01-28 23:26 x
実家とは、知りませんでした!
Commented by げんぞう at 2014-01-30 07:24 x
以前は手書きのポップを使っていたアポロさん、
「不滅の名盤」
と書くべきところを
「不減の名盤」
と表示していたことがありました。
「確かにこのCD、何年もここにあるよなあ」
と子供心に思ったものです。

<< お正月に楽しかったこと 山の神につかってみる >>