浦浜に芸能伝承館を建てる

大船渡市三陸町越喜来の浦浜念仏剣舞は、地域の方たちと共にコミュニティセンターを兼ねた伝承館を建てようと募金の呼びかけを行っています。以下は2011年5月に同地を訪れたときの撮影。左側に三陸中央公民館 が見えます。
あそこで私は浦浜念仏剣舞の練習を拝見したことがありました。

f0147037_22254338.jpg
建設の趣意書より一部を抜粋します。
「・・コミュニティの再生と地域の活性化を図るため、新たな伝統文化の拠点施設として「浦浜民俗芸能伝承館」の早期実現を切望してやみません。」

f0147037_22244678.jpg
2011年5月、震災から2ヶ月たたないうちに開かれた大船渡市郷土芸能協会の会議。浦浜念仏剣舞は装束のほとんどを失い、代表の方の表情には非常にきびしいものがありました。

その後、浦浜念仏剣舞は震災以前から交流を持っていた県内外の個人や団体からの支援や助成金を得ることができました。今年度中に剣舞の衣裳道具が揃うそうです。
しかし練習場所がない。

f0147037_22273091.jpg
同じ浦浜の金津流浦浜獅子躍です。2012年8月に行われた滝沢村(現滝沢市)の「しのぎ夏まつり」に招かれたときの画像。
こちらは衣裳道具一式を高いところに保管していたのでその点は救われました。
しかし練習場所がない。
伝承館を建てて、芸能関係者だけでなく、大人も子どもも集まれる地域の拠点にしたい。

趣意書は「つきましては全国の郷土芸能愛好者の皆々様に被災地における芸能の現状と「伝承館建設募金」の主旨をご理解頂くと共に、ご寄付ご支援につきまして特段のご高配を賜りますようお願い申し上げる次第です。」と結ばれています。

*郵便振替口座 02220 -7- 114126
口座名義 浦浜民俗芸能伝承館建設委員会 (ウラハマミンゾクゲイノウデンショウカンケンセツイインカイ)


f0147037_22311252.jpg

あれからもうすぐ3年になりますが、復興というにはまだ遠く、助成金の不足分を地元でまかなう事は無理な現実です。
今は戸外で練習を行っているそうです。

すでに「浦浜民俗芸能伝承館・建設募金」のページが出来ています。詳細はここで読むことが出来ますので一度ぜひご覧ください。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2014-01-31 00:18 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 箒も豊富な岩手の国だよ お正月に楽しかったこと >>