おらほの米は

盛岡市玉山区松内に行ってみました。
電話がつながらないと思ったら、電話線が切れて不通になっていたのでした。復旧は30日になるそうです。
f0147037_1835447.jpg
台風18号の被害は大きく、松川の岸辺のあちこちが法面のブロックを残して崩れています。大規模に斜面が崩れ落ちているところもありました。
f0147037_18101260.jpg
この20年間、我が家の米をお願いしていた農家の田は、ほぼ全滅でした。
おうちの奥さまの話。
「いや、まさかこんな事が自分に起こるとは思わなかったねえ。川の水は見てる間に橋の高さを超えた。津波とおんなじだ。
まあ誰も亡くなった人はないから、三陸の人のことを考えれば自分たちは良いって思うけど、田んぼもハウスもやられて、家もすっかり水に浸かって住めないし、稲もこのままにしておけないけどぬかるむので機械は入れられないし、手で刈るったってこれだけ広い田んぼだからー。
片付けなくちゃならないけど、いやーやる気が出ない。。」
f0147037_18103118.jpg
台風の大雨が注ぎ込んだ松川の増水のため古川橋と石花橋が落ちてしまいました。
とうぶん通行止め=暮らすのにとても不便な環境になっています。
御主人はお出かけでしたが、「年も年だし、TPP参加も決まっつまったし、もハァ米作り、やめる!」と言い出すのではと心配です。

f0147037_1835456.jpg
今日は隣接する好摩の森崎稲荷神社のお祭でした。
神社のお世話役の方は、「下田の方では牛も家も流されたところがある。今まで聞いたこともない被害なんだけど、皆あまり声を上げないせいか、報道が少ない。
今は震災関連で工事関係の人手がうすいから、橋の復旧は時間がかかるねえ」とおっしゃっていました。
f0147037_18361313.jpg
住民の足であるIGR(いわて銀河鉄道)がわりと早く開通したのは、徹夜で土嚢を積むなど関係者が必死にがんばったおかげだそうです。
f0147037_2021811.jpg
以前の祭は毎年9月19日に行われていて、松内神楽↑や、今は活動休止中の好摩稲荷踊りが奉納され、子ども達の奉納相撲も行われていました。
現在は9月第3土曜日に変更して、昨年までは歌謡ショーやさんさ踊りが行われて来たようです。
f0147037_2023262.jpg
しかし今年は神輿渡御をはじめ子ども達の奉納相撲もすべて取り止めになりました。
「お参りに来る人いるんだかやぁ」とテキヤのおっちゃんたちがぼやく声が聞こえました。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-09-21 20:10 | お役立ち情報 | Comments(3)

Commented by kawa-usso at 2013-09-23 20:15 x
すさまじい被害に驚くばかり、お見舞い申し上げます。
当方も報道が少ない気がするのですが、どうしてでしょう。
Commented by 事務局MA at 2013-09-24 22:30 x
kawa-ussoさま
一度石巻へも行ってみたいと思いつつ、なかなか叶いません。震災以降、いろんな出来事の報道の多寡というのはオトナの事情が色濃く反映するものだということをお勉強させて頂いています。
ご自愛ください。
Commented by ぜんまい at 2013-09-30 09:21 x
私の親戚もこの地区です。
9月末のこの時期に倒れたままの稲穂を見るのは悲しいですね・・。
IGRは、まだ徐行運転です。

<< ホットケーキに蜂蜜 盛岡市玉山区松内というところ >>