まんざい!

盛岡市大ヶ生(おおがゆう)に伝わる大ヶ生山伏神楽にはたくさんの演目があります。
その中のひとつ「まんざい」 。
しゃべくり芸ですね。
2人の師匠(1920年代生 2000年代没)から学んだ内容は下記の通り。
長文ながら、あえてご覧いただきたいのは
「どこかヨソでこういうの見聞きしたことありますか?」
を皆様にききたいためです。
情報をお待ちしております。

 by げんぞう

【大ヶ生山伏神楽 まんざい】
太夫と才蔵のやりとり。才蔵は鼓をもつ。「じょうだし」という定型の出だしをやったあとは、その場その場でバカ話をして場を盛り上げるという。どこから伝わったものかは定かではない。

★じょうだし
【太夫】ちょい めでたいぞや めでたいぞ
これ めでたきことの しるしには
おんみの氏神のおりおりに
せんりょうごりぞこれの縁
これからすえふるようというて
後(あーと)なる才蔵 後(あーと)なる才蔵 ちょと下座につめておったか

【才蔵】へへー
わしはコウメイいわがさき オランダ長崎までも知れ渡ったる
この才蔵は 太夫殿には 御用 早うと呼ばわれて
飲むべきものも飲みあえず
食いべきものも食いあえず
鼓の調べもしめなおし スッポコポンとうちならし
ささーい
さらば拍子も任せて♪参りましょいな
テットーテーンーテンヒョロロッ
太夫殿の御礼にはずるずるべえたる かーしこまって候

【太夫】才蔵はこんにちはいつもの粗相と違って早うかったな
【才蔵】太夫さん はよから半ばいおかえなさんせ
【太夫】えんやれ才蔵 早(はよ)くて半ばい遅くていっぱい
かってかわれたものじゃなし
【才蔵】げにまこと げにまこと (鼓をはたきながら)
【太夫】アラ良きところに気がついた
【才蔵】えー 良きところの穴場とは ♪毛がもっさりはえました
【太夫】才蔵や それほどかくしっておるならこの太夫のあとへ
いろいろすいこれしょうとようて下づいて参れ~

~扇を回しながら踊る~
★バカ話 その①
【才蔵】時になっす 太夫さん このづ このごろあそこさウチ建ったっけな
蔵建てたって
【太夫】なんぼの蔵建ったっけ
【才蔵】五間に二間の蔵建ったっけ
【太夫】その蔵の名前は何と言う
【才蔵】その蔵の名前 太夫さん知らねってか
【太夫】知らね 教えろ
【才蔵】その蔵の名前はちょっとかずに教えられね
 その蔵の名前は教えられねけど、五間に三間の槍をしまったず
【太夫】その蔵さ五間に三間の槍入ったずか その槍の名前はなんてそう
【才蔵】その槍の名前は「ウソつく槍」

★バカ話 その②
~ほらふく 才蔵はとにかく「逆話(ぎゃくはなし)」する。太夫は生真面目なので何かてまけて才蔵のホラをしゃべらせる~
【才蔵】北上川を西から見たら東からクジラがあがってきた
【太夫】東からなんで上がってくるってな 西からあがってくるなら話わかる


★終わり方
 最後はとにかく「さかえさこうのいえこそめでたし」と太夫が言って終わる。
[PR]

by torira | 2013-09-13 20:50 | 芸能 | Comments(0)

<< 祭をいろどるもの 型を見据える >>