崎浜念仏剣舞のあるお盆

大船渡市三陸町崎浜の崎浜念仏剣舞が、震災後はじめてお盆の門付けに歩きました。
f0147037_15424748.jpg
ちょと高いところにあるお宅を見上げながら出番待ち。この日のために帰省してきた踊り手が何人もあるそうです。
f0147037_15432974.jpg
6名で叩く太鼓三台はヒトが担いでささえます。迫力のある音。願人坊主風にほっかむりなのが、三陸町で踊られている剣舞の特徴の一つ。
f0147037_15464660.jpg
お香を上げ、供養の踊りを行います。あとでわかったのですが、私の友人の同級生が新仏さんだったようです。見ている近所の方が「やっぱり(剣舞が家に来て)踊った方が良い」とおっしゃっているのが聞こえてきました。

f0147037_15493688.jpg
お寺には今年も多くの方が集まり、気迫のこもった剣舞を見守っていました。門付けもお寺の奉納も全力で踊る。踊りはレベルが高く、且つけれん味におちいってない。小さな集落ですが底力を感じました。

三陸町の歴史は津波の歴史とともにあります。ここ崎浜も大震災の被害をまともに受けました。
f0147037_15575482.jpg
友人の実家はあのあたりにあったはず。だいぶ前に二度ほど遊びに来ました。
f0147037_1643133.jpg
最後は水門前で。そこまでは見るだけだった中学生の女子二人も剣舞に加わって踊りました。
f0147037_1671716.jpg
日が傾き始めた広場に観客が集まっています。
震災の日、あの水門の上で津波を見ていた人が流されたと友人が言っていました。「うちの方はお盆に剣舞が来るんだよ」と聞いていつか行ってみたいと思い続けていましたが、お盆供養の場にはなかなか行けないもの。よもや震災がきっかけとなって実現しようとは思いもかけませんでした。

f0147037_16172577.jpg
崎浜念仏剣舞はお盆供養の時にのみ踊り、今のところイベントには出ない方針だとか。
一日中踊った剣舞の若者たちが帰っていきます。お疲れ様!仏さんたちも慰められたことでしょう。
港の船影は震災の年に比べると増えているようですした。
 
 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-08-25 16:20 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 落葉かりんとうも買わないでしまった ひどり >>