七頭舞の里・牛追い唄の里=小本

今年のGWは久しぶりに岩泉町小本のお祭りに行きました。中野七頭舞が奉納する白山神社のお祭りには、地元の皆さんに加え、全国各地から七頭舞ファンが集まります。
f0147037_23453256.jpg
港に近い神社からはちょうど満開になった桜と工事用車両やテトラポットが見えました。大震災で壊れた港の復興工事が始まっているのです。

震災によって小本の小中学校は使えなくなり、子ども達への七頭舞の指導も仮設校舎に出向いて行っているそうです。これは祭当日の1コマ。
f0147037_23255155.jpg


f0147037_23324214.jpg
中野の各所で踊る中野七頭舞。
f0147037_23372679.jpg
仮設団地へも行き、お年寄りだけではなく若い親子などもいて多くの人がなごやかに見守る中で踊りました。先頭は、はい、おなじみのあの方です。
ここの近くに集合移転予定の看板が立てられている一角があり、小中学校も同じ敷地に建設される予定だと聞きました。はやく建つと良いねえ。

私はこの日、中島七つ舞を持つ隣地区の中島を歩いてみました。
中島のお祭りは5月5日。なぜか3日だと思いこんで期待していた私は、ありゃ〜。
でも神社のお宮ではオソウゼンさんが迎えてくれました。
f0147037_2332288.jpg

あたりでは「牛馬塔」と彫られた石碑をいくつも見かけました。
f0147037_23333869.jpg

馬頭観音など馬に関する石碑はよく見かけますが牛は珍しいな、とよく考えてみたら、ここは南部牛追い唄で有名な「小本街道」のスタート(ゴール)地点ではないですか。当然といえば当然の石碑だったのです。

中野七頭舞の太鼓は、赤ベコの皮で出来ています。ここでいう「赤ベコ」は岩手県の風土が生んだ岩手短角和牛のこと。
まだお会いしていない小本地区中島の中島七つ舞。その代表の方は「道の駅いわいずみ」のレストランで働いていらっしゃると地元の方にお聞きしました。
よしっ、じゃあ「レストラン大地工房」で岩手短角和牛ステーキ…は無理でも短角牛コロッケ定食など味わいがてらお会いしてみよう。
どなたか赤ベコを一緒に味わいに行きませんか?

 事務局MA
[PR]

by torira | 2013-05-10 23:49 | おまつり | Comments(0)

<< とりら古書店、明日でます! ながぐつ >>