雁舞道七福神、福をさずけ福を願う

大槌町の雁舞道(がんまいどう)七福神は、この度の震災で大きな被害をうけ、もっか秋祭りまでになんとか山車屋台を再建したいと頑張っていらっしゃいます。
最近、朝日新聞紙上で大黒様を踊る少年のエピソードが紹介されたのをお読みになった方もあるでしょう。
ご自分たちで作ったチラシのデータを頂きましたので、そのまま掲載いたします。
なお、とりらの「岩手三陸の民俗芸能応援募金」からも支援させて頂く予定です。(事務局MA)


雁舞道七福神の山車購入にご支援を!

私たちは、岩手県大槌町の雁舞道(がんまいどう)という地区(今の安渡1丁目)に住んでいました。
そこで祖父の代から続く「七福神」という郷土芸能を伝承してきました。
七福神に扮した子どもたちが踊る、可愛らしくもめでたい伝統芸能です。50人を超す会員がいて、5年前には、宝船の山車も新調しました。

f0147037_222461.pngf0147037_22234669.png (左)新調した宝船の前で (右)2011(H23)年3月23日同じ場所で


しかし東日本大震災の津波で、会員の家が流され、「大黒様」を踊る男の子の父親でもある会員をはじめ、家族も多くが犠牲者になりました。山車も流されました。
それでも奇跡的に残った衣装をつけて、震災直後から、活動を再開しています。

f0147037_22270100.png
2013(H25)年1月6日安渡小学校仮設住宅にて

ただ、山車には330万円が必要です。会員でお金を出し合いますが、みんな被災していて十分なお金がありません。
9月の秋祭り(大槌まつり)までには、どうしても、もう一度造りたいと思っています。
雁舞道は、津波の危険区域になり、もう住めなくなりそうです。それでも、山車の元に集まることで、七福神を踊りつづけ、ずっと家族のような絆を続けていきたいのです。
大変心苦しいのですが、みなさまのご協力をいただけないでしょうか。

f0147037_22301424.png
雁舞道七福神の宝船山車 

f0147037_2236480.png
f0147037_22365764.png
被災した山車

金額は問いませんが、1万円以上ご支援していただければ、山車の提灯に、お名前を記させていただき、大槌の秋祭りなどでの様子を録画したDVDを差し上げます。
昭和28年の創立から今年で60周年です。
どうぞよろしくお願い致します。

               雁舞道七福神会代表  渡邊 裕人


【振り込み先】
北日本銀行 大槌支店<店番030>
普通口座 口座番号: 1640622
口座名義: 七福神会 会計 佐々木 ゆかり

○お問い合わせ…mail:ganmaistreet@oregano.ocn.ne.jp
Tel:090-1375-2658

[PR]

by torira | 2013-03-13 22:48 | 東日本大震災 | Comments(0)

<< 母は1000年を越える 3年目に入る >>