3年目に入る

昨夜3月10日に盛岡城跡公園(『もりおか歴史文化館』前広場)とその周辺で行われた、東日本大震災2周年追悼行事 “祈りの灯火 2013 ~心ひとつに~ ”の様子を少しだけご紹介します。

中津川の河原では流れ☆作成中。
f0147037_1925536.jpg


牛乳パックで作った灯籠。
f0147037_1923951.jpg


「心ひとつに」という文字をつくる灯り。
f0147037_1922839.jpg


ちょうど不来方高校合唱部の皆さんが歌っているところ。
会場には若い方たちがたくさんいて、なんとなく皆がつながりを確かめ合っているという雰囲気がありました。
f0147037_192552.jpg


朝あわてて家を出た私は帽子もマフラーもなくて、夕方盛岡にもどってきたらその寒さにびっくり。

2年前の3月11日の夜も雪が降ってとても寒かったですよね。
釜石で職場の建物の屋上に取り残され、真っ暗な中で不安と寒さと空腹にふるえながら夜明けを待った方のお話を思い出しました。

大がかりではありませんが、気持ちにしっくりくる手づくりの灯火でした。もっと画像を見たい方はこちらへどうぞ。

あっという間の2年間でした。それでも2年の時間は私たちの意識に何らかの影響を及ぼさずにいられません。
今自分に言い聞かせているのは、焦らない・急がないこと、でもぶれないこと。
皆様、これからもよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2013-03-11 21:37 | 東日本大震災 | Comments(2)

Commented by もり at 2013-03-11 23:00 x
一歩一歩、着実にいきましょね。
Commented by 事務局MA at 2013-03-13 00:37 x
もりさま いつもありがとうございます。
応援して下さる方々の厚意に応えようと焦って、当事者の皆さんが置かれている状況を読み間違えないように、流れに取り残されまいと足下を見失ったりすることのないように、呼吸を整えながら行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

<< 雁舞道七福神、福をさずけ福を願う 2013年東日本大震災追悼式 ... >>