中野七頭舞@日本民家園

川崎市立日本民家園は、日本中の古民家を集めて(!)公開している大がかりな施設です。園内には岩手県紫波町にあった旧工藤家住宅(国指定重要文化財)も移築されています。

3月10日(日)、この日本民家園で岩手県岩泉町の芸能である中野七頭舞が披露されます。
踊って下さるのは、首都圏で中野七頭舞を愛して日々練習にはげんでいらっしゃる方々です。
f0147037_0174317.jpg

伝え続けたいもの~郷土芸能・中野七頭舞~
2013年3月10日(日)13時30分~(約20分)
会場・佐々木家前庭(雨天時変更有)
当日は、東日本大震災復興支援東北物産展を同時開催。」


一昨日のげんぞうさんの記事は、学校を通じて創作太鼓が伝えられるお話でしたが、中野七頭舞も同じように学校がとりもつ伝承の好例と言えます。
学校教員の方々が、日本のオリジナリティを学ぶ恰好の教材として、長い間七頭舞に熱心に取り組んで来られました。
現在、学校教育を通じて岩手の中野七頭舞は全国に広がっていて、今回のように首都圏の方々によって踊られるまでに結実しているわけです。七頭舞を愛するあまり(?)東京都民から岩手県民になった方すらいるほど。
そういえば、げんぞうさん御自身も東京の小学校で中野七頭舞に出会ったんですよね?
f0147037_0175634.jpg
(2コマとも2012年の岩泉町龍泉洞まつりにて)

3月10日は会場で復興支援として東北の物産が販売されるそうです。
その中に私たちの冊子「とりら」も混ぜて頂くことになりました。
震災特集でもある6号と、その前の5号をお送りしてあります。
七頭舞保存会の方も書いて下さった「とりら」をこの機会に手にとってご覧ください。
できればご購入までお願いしたいところです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 by.事務局MA
f0147037_0105596.jpg
小本温泉@2012.3.11撮影。現在は復活しているそうです!よかった♪)
[PR]

by torira | 2013-03-08 00:20 | 催しもの | Comments(0)

<< 2013年東日本大震災追悼式 ... 内陸で育まれた海の幸 >>