「山と森の精霊 高千穂・椎葉・米良の神楽 展」

京橋のLIXILギャラリー1で、「山と森の精霊 高千穂・椎葉・米良の神楽 展」が開催されています。
宮崎県の神楽と九州の仮面をテーマにした企画です。
神楽の演目を紹介するパネル・映像と、九州民俗仮面美術館のコレクション(展示品)より63 点の仮面が展示されています。
何といっても目をひくのは、会場に再現された神楽の舞台飾りです。
限られたスペースながら、米良の村所神楽により御神屋(みこうや)が再現されており、
「なるほどこういう配置なんだな」
と雰囲気が伝わってきます。
f0147037_15305059.jpg

宮崎県には300を越える神楽が伝承されていますが、すこし前まで、全国的には高千穂と椎葉の神楽がわずかに知られるだけだったように思います。
こうやって米良の神楽に注目が集まるようになるとは、時代も変わったものです。

「山と森の精霊 高千穂・椎葉・米良の神楽 展」
2012年12月6日(木)~2013年2月22日(金) 
LIXILギャラリー1(東京都中央区京橋 3-6-18 LIXIL:GINZA 2F) にて
休館日:日祝日、年末年始□10:00~18:00 
入場無料


せっかくのトイレに寄り忘れたのが残念。

 by げんぞう
[PR]

by torira | 2012-12-29 15:34 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 岩手の芸能 2013年正月三ヶ日  「津浪と村」を読む >>