やはり海はつながっている その1

これは当ブログの「海はつながっている」でご紹介した、山田町の山田八幡宮の絵馬(掲額)です。
f0147037_17445669.jpg

そしてこちらは、上の絵の土地、神奈川県小田原市米神(こめかみ)の米神八幡神社に奉納されている漁撈絵馬。
f0147037_1745166.jpg
よく似ていることがおわかりかと思います。いったいこれは…?!

山田町の絵馬には「相模米神 南部漁夫一同」とあります。下のほうに作者と思われるサインが「K owshi」と入っていました。
f0147037_1824067.jpg

米神の絵馬には「K.TOMiTA」というサインが。
f0147037_17472162.jpg

良く似た絵の描き方ですが、描いたのは同じ人物?それとも別人なのでしょうか??

油絵タッチの絵柄、さらに、絵馬は描いた人の名前をアルファベットで入れる習慣はないので、絵馬専門の絵師ではなく西洋画を学んだ人が描いたと思われます。画材は油絵の具のようですが、見た目だけでは確信は持てません。

しかし、この二つの絵馬にはどんな関係があるのでしょうか!?
どうして「相模米神」に奉納した絵馬が山田八幡宮にあるのでしょうか?
「南部漁夫一同」とはイコール(=)山田の方たちなのでしょうか?!
ミステリーに遭遇です!

平塚市博物館の方にメールで教えて頂いたところでは、かつて米神は全国有数の鰤(ブリ)の定置網を持つ港町として栄え、往時には100人以上で大がかりなブリ漁が行われていたそうです。
漁夫は地元の者ではなく、村外の人が雇われていたということですから、「南部漁夫一同」ははるばる相模湾まで行ってブリを捕った人々なのでしょう。
ちなみに小田原市米神の地図はこちら

今回、米神八幡神社で絵馬を拝見するに当たっては、多くの方のお世話になりました。
まずは私が「相模米神」を検索したときに行き当たったサイト「小田原のうかつデイサービス 天ん屋」のオーナー、松本さん。

昔のご自宅を活かして作られた「囲炉裏と暖炉のある家:天ん屋」は、とても気持ちの良い、ぜいたくな空間でした。

以下は地元の自治会長さんを介して松本さんが用意してくださった写真です。撮影年不明ながら昔の米神のブリ漁を知る貴重な資料。絵馬に描かれている作業がわかります。
f0147037_1751346.jpg
f0147037_17521638.jpg


私は漁撈の歴史はまったく知りません。
このブログをご覧下さっている方で、昭和10年代に岩手から小田原米神まで海の出稼ぎに行った話をご存じの方がありましたら、ぜひお知らせください。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-11-01 18:15 | お役立ち情報 | Comments(3)

Commented by fukugumi102 at 2015-03-05 20:12
初めまして。二年以上前のブログのようでしたが、どうしてもコメントしたく、失礼させて頂きます。
この絵の存在は、今は亡き私の祖父から聞きました。私の祖父は、当時、小田原に出稼ぎに行ってました。
南部漁夫一同とは、私の祖父を筆頭に、祖父の兄弟、親戚一同のことです。ちなみに、祖父は、福士政一と言います。
パソコンから探すと、当時、この絵を奉納した福士一族の写真があります。
奉納した絵のコピーも大事に取ってましたが、東日本大震災にあい、津波で家を流されましたので、今はありませんし、私も隣の市に移りました。
その写真の中には、小学校に上がる前の母も映ってましたよ。私の息子が調べてくれて、今年、パソコンより写真は見ました。
たまたま、その絵のことをまた、調べたく探したところ、こちらのブログに行き着きました。
コメント遅くなりすみません。
当時のお話は、私より、母が知ってますが、何分年を取ってるため、もう寝てしまいました。
祖父の口から、たまに、小田原の話が出てたなあとの記憶はあります。
詳しいお話でなくてすみません。また、絵の写真をブログに残してくださりありがとうございます。
Commented by fukugumi102 at 2015-03-05 20:45
補足です。ちなみに、みな、山田の出身でした。祖父の兄弟、親戚含め、確か10人いたかいないか位でした。みな、亡くなってしまいました。祖父は、生きてれば、今年で、107才でした。亡くなって、そろそろ13年になります。
祖父のお墓は、山田湾が見下ろせる高台にあり、周りに兄弟達のお墓もあります。

漁師は、65位で辞めましたが、とても器用で網を作ったりしてたので、ハンモッグみたいなのを作ってくれたりもしましたし、小学校のときは、夏休みの作品作り手伝って貰いました。
足が早く、小学生の私と兄は、下駄を履いてる祖父に走って負けました。とても厳しい人でもありました。出稼ぎしなくなってから、山田湾で、かに、うに、つぶなどの漁をしてましたよ。
Commented by torira at 2015-03-05 22:19
fukugumi102さま
コメントありがとうございます。
関係者の方からお話を寄せて頂き、うれしいです。
最近「わが町‥」という番組に山田町が登場し、そのときにこのブリ絵馬のことも紹介されたそうですね。そのことを先日ご親戚の方からお電話頂いて知りました。
一度 iisakamaki@yahoo.co.jpあてにメールを頂けませんか?
よろしくお願いいたします。
事務局MA

<< やはり海はつながっている その2 末崎の五年祭 >>