末崎の五年祭

「泊里」と書いて「とまり」と読みます。
大船渡市末崎町の五年祭は、この泊里地区に鎮座する中森熊野神社を中心とするお祭りです。
被害の大きかった末崎で祭が行われると聞いて行ってみました。
f0147037_0163245.jpg
境内で奉納する三十刈組の虎舞です。背景に泊里の海がのぞいています。
f0147037_0164071.jpg
門中組虎舞は今度の日曜=3日にリアスホールで開かれる大船渡市郷土芸能祭にご出演です。

神社下の祭場には参加団体が集まってにぎやかに見えましたが、「もっともっと身動きできないくらいすごい人出だったの。今回はさびしいね」という声を聞きました。

過酷な痛手を負った泊里地区は小河原地区とともに参加見送り。いつもは各組から50名、100名と出る各組の婦人会の手踊りも無しです。
f0147037_017445.jpg
山根組虎舞。大船渡の虎舞の多くは顔は獅子のように赤く、体幕は虎柄です。

f0147037_0185161.jpg
泊里漁港がこわれているので、今年は神輿はとなりの門中漁港まで歩き、そこでお召し船に乗って海上渡御をしました。
f0147037_0184346.jpg


f0147037_0174628.jpg
広場には梅神組の権現様もおでまし。
f0147037_018933.jpg
碁石組虎舞。

f0147037_0192578.jpg
元・小河原地区の方たちを中心とする復興絆組は船神輿を出しました。この船模型は奇跡的に津波の難を逃れましたが、寄贈して下さった気仙大工の方は亡くなり、「形見だと思ってる。やっぱりここで元気出してやろうと言って小河原以外の方もいっしょになって〝復興絆組〟としたの」と代表の熊谷さんがおっしゃっていました。

f0147037_0194752.jpg
神輿が還御したあと、境内で踊る西舘組の七福神の子どもたち、とっても上手です。やはり11月3日の郷土芸能祭に出る予定です。詳しくは「みちのく芸能ごよみ」をご覧下さい。

f0147037_0201763.jpg
「がんばろう泊里!!」。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-11-01 00:26 | 東日本大震災 | Comments(3)

Commented by suwanagano at 2012-11-01 01:47
素敵な写真ありがとうございます 5年後、力強く復興している様子をみたいですね
Commented by いつ浜 at 2012-11-01 14:17 x
上から6枚目の写真。
軽トラの前の爺ちゃん婆ちゃんの姿がなんかいいなー
すこっつつでもがんばっぺす!
Commented by 事務局MA at 2012-11-01 21:51 x
suwanaganoさま
コメントありがとうございました!春田打が気になっています。いつか飯田市の春田打のことも教えてくださいね。

いつ浜さま
細かいところまで見てくださってありがとうございます。
次の五年祭もお達者で見ていただきたいものですね。

<< やはり海はつながっている その1 釜石まつりー2011年と2012年 >>