吉里吉里大神楽と手踊り

f0147037_2046398.jpg
6日の盛岡では大槌町吉里吉里大神楽も披露されました。う〜んお上手。

ちょっと目をひいたのは、大神楽の後の手踊りです。
この間、虎舞さんたちが踊りの後に踊る「甚句」という手踊りをいくつも拝見してきましたが、所作はだいたい共通してこんな感じでした。
f0147037_2048428.jpg


しかし吉里吉里大神楽さんにはもう一手、「佐渡おけさ」でおなじみのこんな手振りが入っていました。
f0147037_204722100.jpg


手踊りのことよく知りませんが、南部領(岩手県と青森県の一部)の「南部手踊り」のほかに、佐竹藩にも津軽藩にも手踊りが豊かに伝わっています。
むか〜し高橋竹山(初代のね)の演奏会に行ったとき、歌ものに手踊りが付いていたっけな。当時はあまり興味なかったけど、もっとよく見ておけば良かった。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-10-07 21:46 | 芸能 | Comments(0)

<< 黄金の芸能 盛岡に虎あらわる >>