盛岡に虎あらわる

駅にクマが来たり、八百屋の前に鹿がたむろしていたりと、野生動物が何かとおさわがせな今日この頃。
本日は盛岡市の「もりおか歴史文化館」周辺になんと虎が2匹あらわれるという事件が起きました!
しかし国姓爺合戦のヒーロー、和藤内(わとうない)が登場、無事これを取り押さえました。
虎をたいらげた勝利宣言の1コマ。りりしいですねん。
f0147037_22225047.jpg


その後は子ども達による「刺し鳥舞」です。お花のついたカゴは「笠」とされるらしいです。このカゴで鳥を捕る、んでしたっけ?ちゃんと説明を聞いてなくてスミマセン。
ともかく可愛いんだから良いではないか。
f0147037_22243276.jpg

山田町から来て下さった、大浦虎舞。他の町で踊るのは今回が初めてだそうです。
お疲れ様でした。楽しんで頂けたでしょうか?これからもどうぞご活躍を!
先月の大浦での虎頭お披露目の記事も合わせてお読みください。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-10-06 22:30 | 芸能 | Comments(2)

Commented by いつ浜 at 2012-10-07 13:56 x
大浦虎舞のこの踊りが終わった後
代表の小林さんがステージ前で
「おがげ様で初めて大浦から出て踊りました。
 おめ様たちが動いてくれたからです。」
って、いわれた。
すんごく。すんごくうれしかった。
本当はとりらの方々やもっともっとがんばった人たちがいるけど
でも、みんなの分もまとめて感謝されたのかもね。

涙があふれてきまして、悟られぬようそっけない対応になってしまった。
めんぼくなかったですw
Commented by 事務局MA at 2012-10-08 11:06 x
山田町出身盛岡市在住の「いつ浜」さんが、震災後、盛岡に多くの沿岸の芸能を呼んで励まし続けて下さったことが、「おめ様たちが動いてくれたからです」という言葉に結晶したのですね。
面倒なこともあるでしょうけど、これからも「いつまでも浜の人」でいて下さい。

<< 吉里吉里大神楽と手踊り 念仏剣舞のある里 >>