山田祭り・山田八幡宮

3日間行われた、山田祭り。
私は16日の午後と17日の大杉神社祭りを見て来ました。イベントステージのまわりには出番を待つ芸能がいっぱいです。山田大神楽の少年たち。
f0147037_22322693.jpg


不動尊神楽の方に見どころのアドバイスを頂きました。
「一番のおすすめは、八幡神社の御神輿が収まるところです。
第一鳥居をくぐる神輿の鳳凰に、神輿の後ろにいる『旗持ち』が、大漁旗を巻いた竹竿で触り、我先と走って自宅に帰るところは最高です。
これは山田町の漁師の間で『ゲン担ぎ』とされていて、一番に帰宅した家が山田で一番大漁すると言われています。」


この「大漁旗を巻いた竹竿」というのはこれ。見ただけでは何だかわかりませんがこの中に大漁旗が。残念ながら勧められた瞬間を見逃しました!一瞬なんだもんね〜〜。
f0147037_22295183.jpg

通りでは八幡大神楽が門付けしていました。
f0147037_22335359.jpg

境田虎舞もあちこちから声がかかります。が、本格的な町並み復興はまだまだ。仮設のお店から出てきた和藤内、カッコイイですね。
f0147037_22345675.jpg

日が落ちてそれぞれの山車に火が入ります。土台だけ残った家の跡が痛々しい。
f0147037_22375857.jpg


八幡宮の境内まで戻った御神輿ですが、なかなかお宮に納まろうとしません。まわりは大勢の人の熱気でムンムンです。
f0147037_22492656.jpg

やがて御神輿が急な石段を少しずつ登っていくとき、この夜の祭りは最高潮に達します。その場の全員がかたずをのんで見守る中、無事本殿前に安置されると一斉に拍手の波がわき上がりました。

山田八幡宮と大杉神社を兼任する宮司さんは、祭りの資金作りにと「和背(わっせ)」というお店を経営なさっています。
神道の方のお店に、山伏神楽である不動尊神楽が門付けに訪れていたのが興味深かったです。
f0147037_22452480.jpg


この日、宮古市から山田町へはバスで行ったのですが、車中で利用者アンケートの紙が配られていました。
満員のバス、私の横に立っていた高校生の回答が見えてしまいました。
「ー10代、通学のため利用、山田町在住」の次に「住まい=仮設」に○が付けてあってキュンとしました。
本来であれば、下図のような祭壇を作ってお通りを待ち受けていたであろう山田町の家々。
家が残った人、残らなかった人、それぞれに辛さがあるでしょうが、三日間の祭りではお互いこだわりなく楽しんで過ごせるといいなあと、「適当なこと言うな!」と言われそうですけど、そう思うのでした。
f0147037_23421396.jpg



 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-09-20 00:26 | 東日本大震災 | Comments(3)

Commented by いつ浜 at 2012-09-20 09:05 x
3枚目の写真
権現様の後ろにうちの兄嫁発見w
Commented by 事務局MA at 2012-09-20 23:22 x
家族で祭り参加っていいですね、いつ浜さんも来年はおそろいでどうぞ。
Commented by 山田にゃんこ at 2012-09-22 20:29 x
先日は、お疲れ様でした。
暑い中の山田祭りで、肩から腕全体が日焼けに(笑)
只今絶賛脱皮中ですwww

実は神主さんのお店での門つけは理由がありまして・・・。
その理由はメールでお話しますね。ここではまずいかも・・・。

<< 山田祭り・大杉神社 おまつりの髪 >>