盛岡ペンギン事情

暑い夏がやっと過ぎつつありますが、盛岡では涼しさを呼ぶかわいいペンギンが大量に産まれています。
まず上田堤かいわいで4羽が確認されました。
f0147037_1785113.jpg

その後、山王町の児童センターにペンギンのコロニーが出来ているのを発見!
f0147037_1710635.jpg

産まれてまもないため(くるしい w)、羽根と足がまだ生えていません。

「えっ? あれ羽根なの?」と小学1年生。
「ぼく、手だと思っていた」。
うーむ、君の指摘はなかなかスルドイぞ。

じ・つ・は、鳥類は恐竜から進化したものと言われているのじゃ。
恐竜の「手」が羽根(翼)になったって、知ってた? えーびっくり。
恐竜についてもっと知りたい子は(オトナも)、岩手県立博物館で11日から始まる企画展「恐竜アロサウルスがやってきた」に行ってみよう。
9月30日にはあの!真鍋真先生が「盛岡から始める最新恐竜学」というお話をしてくださるようだよ。

…というわけで、来週はペンギンに手足をつけてついでに氷山も作るのじゃ。しんどいわい。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-09-06 21:20 | お役立ち情報 | Comments(0)

<< 岩手三陸沿岸の民俗芸能応援募金... 真夏の残像 >>