盛町灯籠(とうろう)七夕

毎年八月七日に行われてきた大船渡市盛町の夏まつり:盛町灯籠(とうろう)七夕は、灯籠山車の引き回しがメインとなります。
開催があやぶまれた昨年は県外から支援をうけて行われました。
今年は本来の形で行われたようです。

夕方になって明かりが入ってからが本領…なんでしょうけど、時間的にムリでしたので昼の部のみ。吹き流しの七夕飾りが続く通りを山車が行く。典雅なお囃子が響きます。
f0147037_23172829.jpg

近くには明治以前の建物と言われる有名なおそば屋さん「保原屋」本店がありました。11時開店と同時に地元の皆さんが席を埋め、13時半には終わってしまうと言うすごい人気店です。
f0147037_23255727.jpg


吉野町には手練れの絵師がいるらしい。すばらしいわー。
f0147037_23204771.jpg

上木町の山車には「早池峰倭武多(ねぶた)」と書かれています。大船渡でも〝早池峰〟が大事にされてるんですね。ふーむハヤチネ信仰恐るべし。
f0147037_23221649.jpg


by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-08-14 21:21 | おまつり | Comments(1)

Commented by 事務局MA at 2012-08-20 15:42 x
さきにこの行事名を「あんどん七夕」と書いたところ、ご出身の方から「あれは正式には『灯ろう七夕』と言います」とご指摘を頂きました。あんどんと灯籠、うっかり混同してしまい、失礼いたしました。訂正しておきます。

<< 遠野のそこぢから 箱崎虎舞@しのぎ夏まつり >>