田野畑村・羅賀のお祭り

旧6月15日は、田野畑村島ノ越の大神宮祭と羅賀の天照皇大神宮のお祭りです。例年これに合わせて7月下旬の土日に「羅賀港祭り」が行われてきました。曳舟行事が有名でしたが昨年は震災で大きな痛手をうけて神事のみ行ったとか。
今年は旧羅賀小学校を会場に敬老会を兼ねて(これは震災前からの習慣)神楽などをやるというので行ってみました。

宮古から自転車を持参して三鉄に乗りこんだ親子、小本からの代行バスでも同乗になり、(いったいどこを走るのかな?)と思って横目で見ていましたが、父、田野畑駅に降り立って
「あ〜っ?何だぁ?えええ津波に遭ったのか、ここ・・」と呆然としていました。北沿岸のこと、ご存じなかったのね。少し心配。

羅賀の小学生は皆、大宮神楽を習います。
f0147037_14344472.jpg
その子どもたちの「綾遊び」には間に合いませんでしたが、「山の神」「恵比須舞」を拝見。
観客を上手に巻き込む恵比須様。
f0147037_1433166.jpg
港はまだまだ工事中ですが、明るい先行きを頼みますよ−。
f0147037_14341087.jpg

お母さんたちの踊りも次々に披露されていました。
f0147037_1430479.jpg


「とりら」6号に書いて下さった鈴木ゆう子さんの案内で平伊賀漁港に面する天照皇大神宮へ。
昨年4月に撮ったのと同じポイントで今年の様子を撮った・・・つもりが、手痛いミスにより激しく露出オーバーで写っとらん!帰宅後チェックして大ショック!
新しくなった幟。
f0147037_14304143.jpg
津波到達碑(岐阜のロータリークラブから支援を頂いたようです)。
f0147037_1431691.jpg
新品のぴかぴか光る浮き球とロープも見かけました。
「ずいぶんな金額だろうねえ」とゆう子さんがしみじみ言いました。皆さん頑張ってるんだ、と実感した場面です。

ゆう子さんの紹介で岩泉町の「ナドダーノ」という楽しい雑貨屋さんに「とりら」を少し置いて頂くことになりました。
古い物も新しい物もオシャレなものも子どものオモチャも色んなものがあります。
f0147037_1418521.jpg

消しゴムはんこはあの三上亜希子さんが原画を描き、ゆう子さんが彫ったというので思わず「新巻鮭」を購入!
f0147037_1417627.jpg


今朝の岩手日報には、平伊賀漁港では船を出して中学生が「唄い込み」したという記事がついていました。見たかったなあ。

 by.事務局MA
[PR]

by torira | 2012-07-29 14:49 | おまつり | Comments(0)

<< 金曜の夕べはおでかけ 手のかかる祭ほどかわいい >>