雨ふったっけなぁ

f0147037_2105169.jpg
チャグチャグ馬コの日は快晴!というジンクスは過去のものになりましたね。馬上の子も濡れてます。
f0147037_2112162.jpg
雨にぬれた桜山神社の境内で山田町からいらした八幡大神楽が熱演しました。かわいいササラに拍手。
f0147037_2121783.jpg

山田町の八幡鹿舞の欠点?は「絵になりすぎる」という点でしょうか。太鼓の人を包む赤い炎のようなヤナギ。(ヤナギって用語でいいのかな?)
f0147037_213403.jpg

門付けに訪れた鹿舞を、この日のために買った(笑)デジカメで撮りつつ見入る雑貨屋「baan」のオーナー夫妻。沿道の視線も釘付けです。

「とりら」6号出張店の成果:お買い上げの一人目は花巻の方。「創刊号から持ってる」とのことで恐れ入ります。もうひと方は「ブログ見てます」とおっしゃってご購入下さいました。張り合いあります。今後もよろしくお願いいたします。

f0147037_21145845.jpg
喫煙コーナーで熱心に「とりら」6号を読みふける大神楽の道化さん。うれしっす♪ 沿岸の芸能の方々に差し上げる良い機会となりました。
桜山神社の皆様お世話になりました。ありがとうございました。

 事務局MA
[PR]

by torira | 2012-06-09 21:19 | おまつり | Comments(3)

Commented by かぐらー at 2012-06-10 16:13 x
やなぎですが?
遠野市では、
似たようなのを
カナガラじしと
よんでいたような?
まちがったらゴメンナサイ。
Commented by 事務局MA at 2012-06-12 20:41 x
かぐらー様、コメントありがとうございました!
用語というのは地域や団体ごとにけっこう違っていたりして、鹿踊りに詳しくない私はどの団体があれをヤナギと言い、どこはカナガラというかザイというかが覚えきれないのです。

大船渡の鹿踊りでは、花巻あたりの鹿踊りで「ササラ」と呼ぶパーツを「ヤナギ」と言っていらっしゃいます。
山田町の芸能で「ササラ」というと棒ザサラを摺る役のことです。
秋田の角館に行くと三匹獅子の芸能を「ササラ」と総称しています。

こうして目まいがするのです〜〜@0@。
Commented by かぐらー at 2012-06-14 12:28 x
おじゃまします。
髪?が、カンナガラで出来ている
しし踊りの総称でした。パーツの
名前ではありませんでした。
たいへん失礼しました_(._.)_

<< 胆沢の田んぼに刺さる枝 田んぼの枝(下) >>