はるのまつり

 日本海側には、延年や舞楽など古い芸能が演じられる春祭りがいくつもあります。岩手県にはそういうお祭りはあまりありません。そもそも、大きい春祭りが岩手にはあまり多くないんじゃないかなあ。どちらかといえば秋に集中しています。

 そりゃあ、岩手の春は農作業で忙しいから。
 そりゃあ、岩手の春はまだ雪が残っているから。

 といった説明で済ましてしまいたくなりますが、春の農作業が忙しいのは全国共通だし、秋の農作業で忙しい時期に岩手でもお祭りやってるわけだし。
 雪が残っているという点では、日本海側のほうがもっとたいへんだし。

 なので、理由はよくわからないんです。

 だからといって春祭りがないわけではありません。大規模な街場の火防祭はもちろんですが、数として多そうなのは、集落単位の火防祭。それから、お堂の前で焚き火を囲んでおこなう「オミキアゲ」。こういった、集落の中でおこなわれるものがけっこうあるようです。
f0147037_209155.jpg
 石鳥谷の熊野神社春季例大祭。こちらは、お神輿も出るそうで、盛大におこなわれることでしょう。

 by げんぞう

[PR]

by torira | 2012-04-05 20:09 | おまつり | Comments(0)

<< トリッキーな所作 とりら岩手三陸沿岸の民俗芸能応... >>