虎の西進

盛岡市駅前のホテルで行われた復興イベントに行ってきました。
臼澤鹿子踊り(大槌町)が始まったところで会場は超満員!写真撮れません。今日もカンナガラを力一杯ふりたてて力演でした。
川原鎧剣舞(大船渡町)は踊り手の役の一人一人が歴史上の人物に設定されています。…ということを初めて知りました。「一剣舞」という役は平清盛。「中踊り」役(平重衡)もなぜか輪に入って踊ります。
f0147037_21533132.jpg

すみません金澤美咲さんはパスしまして、大槌虎舞協議会を見ました。
f0147037_2202077.jpg

司会のお姉さんが前の席の子ども達に「虎舞はじめて見たと思うけど怖くなかった?」と話しかけていたけど、もしかしたら虎舞見なれてるんじゃないかなぁ。私の後ろの子も「虎舞カッコイイ」と喜んでいました。そのうち盛岡虎舞が結成される予感がします。
一番最後に客席から「大槌ガンバレー!」と大きな声がかかりました。

物販もあったので「もうすぐ妹の誕生日。山田のカキくんをプレゼントしよう」と1瓶買いました。ちょっと高いけどとてもおいしいのです。
良い物買った♪と喜んで帰る途中ハッと気づきました。
妹はカキのアレルギーで食べられないのだった。う、う〜ん。

 by.事務局MA
f0147037_2157952.jpg

[PR]

by torira | 2012-02-27 22:01 | 催しもの | Comments(0)

<< 高舘剣舞のひろがり 南部神楽 発祥の地のひとつ 一... >>